Print Friendly and PDF

2015年02月01日

【scanned pics】My 2nd & 3rd LPs

   As far as I remember, I spent my second "monthly pay" from parents (some 45-ish years ago) on
Karl Richter's Bach Matthäus Passion[BWV244] (abridged)
and it's:

Untitled4.bmpUntitled6-n.bmp

And the Third was
Karl Richter's Johannes Passion[BWV245] (Abridged)
& it's:

JphannesPassionF.bmpJohannesPassionB-n.bmp


Now as I listen to Karl Richter’s Mattheus Passion(unabridged) 1971 on Youtube (mine is recorded in 1958、 Münchener Bach-Chor・Chorknaben),
I don't want to listen to any other Bach than Karl Richter's.... it's been so since I first owned these however...

I prefer 1971's than what I have.
They're extremely gifted, all of them...


(p/s:  The reason I bought "abridged" on both are because that's what the monthly pay afforded me to .)


2014年12月18日

What our "forgiveness now" might do for us when the justice is being met...etc...,a thought.

   I've been wondering exactly in what way "justice" does its unique works for our soul...
Firstly, I was quite sure that when we are taught "to forgive", we understand that it's something we are able to do.

   We also learned that "vengeance" belongs to God alone (Romans12:19 ; Hebrews 10:30); that, our side is not revenging (Ezekiel 25:3;6;8;12;15;26:2;35:5;10;12-13;36:2-3;...etc...) but we are responsible for forgiving, while leaving the just vengeance into God's work....

   However, practically, this teaching does not, and should not, imply that we ought to learn "to cease from seeking justice" ;  Seeking it might even perfect what the forgiving does for us. Certainly, the "forgiving" dare not mean to make us compromise our sense of justice.  We are to remain moral being, of course.

   Clarify the understanding about, and learn what justice demands... Forgiving will not become genuine without being familiar enough about justice as well....

   So wondering what exactly justice does, while nourishing our own souls to get familiar also with forgiving...?

   Recently, I had to experience a significant part of my precious sanctuary being profaned.

   It was where my parents lived. That was to me more significantly a sanctuary than I ever was aware of myself.
   When I witnessed an act of sacrilege, the devastation and disillusionment was incredibly greater than I could be prepared for.  It was not at all a personal loss of any kind. Nevertheless, it affected me as a fatal defilement done to my sanctuary. I changed; 
   Now, people don't seem to realize the connection between the report of that sacrilege and the grave change to my daily lifestyle (meaning , plainly saying, I ceased to live according to the rhythm the chrono time indicates...) I myself at first couldn't realize that was the only cause for the change.  I actually changed as my sanctuary (or "the third and the last sanctuary ON THE EARTH" in my soul) was profaned that way (which I am not going to say exactly what it was)(guess~!)

   Now, some time went by, and the justice to that sacrilege was in a very minor yet definite way was met.
   What this report did to my soul also was unexpected... The report of a met justice, although in a very minor way, did restore energy "back" to where it used to live within me. A very strange, surreal experience it was.
I struggled for a few hours till I came here how I should put this into words...

I am not sure if I can articulate it right...

   It's like a part of my soul which "died(not the right word...)" then was suddenly enlivened, with absolutely no effort of myself... As receiving a report of justice partly being met, a very depth "resumed" breathing, it also was as if some significant part of my soul, which was once removed of its "body", which therefore had to "exist(?) without a body," suddenly "regained" a visibility, or "was again coated with a flesh". It is sinomymous synonymous [←Corrected on 11thMarch2015: ...I'm sure I spelled this right from the start...(!)no?] to a state when a part of our soul, which "exists but not proven without our flesh being given", received a flesh and so regained visibility and it now can act, begins to breathe, and owns texture and colours onto itself...

   I'll try more;  ... it's like something that "exists" but because it's colourless and is totally transparent, therefore it was unable to reflect anything(such as light, heat, love...anyway, in short, according to the contemporary science, "vibrations") , but by a small report about justice partly being met, received a spray of colour over it, so we can now see it and feel it and touch it...as it is receiving the body itself, making it visible again...

   We are told that, unlike Gnostic interpretations, our flesh is not by itself a vulgar or crude part at all. It's something very glorious part of ourselves.  God came, incarnated, He suffered and was resurrected in the flesh, and He will come in the flesh.

   I experienced though very briefly, when justice was restored to that part of the society, a part of me that once seemed as if killed, is re-receiving the live body again.  It reminded me of an explanation that our flesh is a shape of our soul... more exactly the person was saying that "our face is a shape of our soul"; that was his explanation. Many of us can agree with this somehow.  Our flesh is not a vulgar or crude part of our existence;  but it is in a way the very expression of our souls, and that gives our soul "energy and strength" and it breathes, e.g. "to express", "to send out messages", "reach out", "to give and take"...also educating, nourishing, maintaining ourselves through these as well...

  The part of my soul that was once lost when I first experienced my sanctuary being profaned, or when I was severely disillusioned as the report proved to me that such sanctuary is profaned, thus no longer exists as a sanctuary any more, means it(=sacrilege) virtually "killed" the part of my soul. Then when I received a minor report of the justice somehow being met, it was as if the report made the body/form back to that part of my soul ...

   This is a very strange, surreal experience.  I did NOT expect any personal restoration only by such report a single bit; it even proved to me that when I was so disillusioned was the moment my own lifestyle was so changed, I didn't realize that part of my soul was "killed" by that kind of dishonesty that made way into what's been held as such sanctuary to me.

   Now, what then our part of work, that is "forgiving", do in this?
It "might be" that it will prepare our soul; and preserve it right, in case, in the future, when it(soul) is healed by the work of justice, though that might(or might not) be met "while on earh" in the future, will come at least a certain distance away. It usually takes time because our soul needs time to be able to receive the news of justice in the right way, and then also to be able to receive the reward for the waiting period "more bountifully"! ... perhaps that is why we tend to suffer injustice very long. 

   When or if the justice to be met in a distant future, the outcome might not just be healing and joy(these are the "secured lot"!), but re-embodiment of the precious part of your soul that seemed like once "killed" is also promised.
   It will be restored totally, really, and "automatically" ...or probably the word for this is "REDEEMED" ... It'll probably depend on "whether" and "how" we learned to, tried to, "forgive and not revenge", and have "suffered for that in order to forgive". But NOT JUST THAT, I thought, but in the meantime, "with that incredible psychological pain" of injustice (i.e. "by choosing to suffer that pain as much as it goes"), whether we continued in pursuing "justice", and to never compromise our sense of justice. That means whatever we receive by the hands of those who ignore what is right, and yet still we never end up learning from its evil, that means, for example, our part remain being just and kind even towards such evil ones(Exodus Ch.23). Then when the time of the Redemption meets us in the future, we experience either good or fantastic, or else mangificent, majestic, or beyond heavenly...things, and these outcome will be depending on how we were going through such moment of suffering under injustice, in society, while we're on earth...?

   And I thought, interestingly, only experiencing it (i.e. such surreal experience of the once lost part of our soul receiving re-embodiment), though briefly and so faintly, "as if looking through a mirror(I Corinthians 13:12)", such a momentary experience "now" is already heavenly!
   A foretaste of the total and final and complete "Redemption" which is to come, saints!!!!

   Hope this will encourage you in your suffering as well as any God-given endurance of the moment!!

2014年12月17日

Keep your own psyche to preserve the virtue of arts

   Someone else's psyche is forced from outside occasionally, and when it happens, I experience how a totally different psyche listens to the music "I" listen to, and when the intruding soul was a bad one, and if it dominates, I will have to experiece a rotten emotion the intruding soul sends,
even though in fact the music itself is otherwise-glorious and magnificent!!!!
I "know" it's not myself, but of someone else's soul that is injected(?) probably in the forms of EEG & MEG by outside forces, it is as devastating as myself produced such "totally different,alien, unfamiliar" feelings.

   Now I am on the same geographic spot where the Lord Jesus revealed Himself as the Lord God, to my deepest soul 44 years ago...It was around this area in this room.

   I am now playing the same kind of music as when it happened. It was my father who chose that program on the TV; it was J.S.Bach's pipe organ recital.


   Christmas was the day I always looked forward to for the rest of the 364 days; As the Christmas day ends, I looked forward to the next Christmas day, with a kind of sad feeling faintly resembling that of a home-sickness.  In every Christmas season, my mother took me around the Christmas decoration stools, bying me a Card or two each year, letting me choose what I like off the shop shelf...

Thinking of that, it is peculiar as she was supposed to be holding"anti-religion" ideology herself, so to say, yet kept telling me about Jesus in this season as our Lord, that Christmas is when He was born for us, ... played Silent Night sonosheet at home...


   My parents started to give me a monthly pocket money from that Christmas on to enable me to collect Bach Recordings. And on every "pay-day" I used up the whole "pay" to buy a record(= plastic disk). [In fact, the amount of the pay was determined by the rough shop price per one LP !]

   The first record disk was Karl Richter's Bach Organ Recital; "Toccata und Fugue:Karl Richter Bach Organ Deluxe", which I still have here.[SCANNED IT now!]



BH f.bmpBH b3-n.bmp

   Our memory apparently has a fate of alteration every time we remember anything.
So every time we listen to an identical music, it seems to gradually alter the impressions and emotion altogether... but we desperately retain and if altered, restore the very original experience which we had when we first litstened to the particular music...


   The first time I began to discover that this room of mine was being bugged was when I was playing those pieces on my MIDI set.
I experienced "another subjective experience according to that alien=intrusive psyche so unfamiliar to me intruded into my experience, which couldn't interpret the music piece the way musical people can feel."
It was in a sense I had to experience not only my own, but at the same time "someone else -a bugger-" how she feels from this same piece of music.
It was like an experience of listiening to it with someone who didn't appreciate the music staying too close to me in a small room.
Only this time I was alone in my own private room!
   It suddenly dawned on me that the someone was buggin my room(!).
   I experienced that music her way at the same time, and it was like this majestic piece of Bach was in her soul so degraded into some background music(noise) that is streaming in some public areas in a shop or a waiting rooms in a train station(it wasn't an image of an airport at all; it was more like a local train platform).
I for the first time experienced how another soul that didn't appreciate I Misici's Vivaldi (it was I Musici's).
The piece was degraded by that soul to be so much ...cr*p(!)...

   The same thing was taking place tonight when I was playing Karl Richter's Bach on youtube like that...


   Nowadays we often suffer from "that disturbing" mental vibrations that intrude from outside ourselves, or injected into our phyche... A while before I played this Youtube's Bach, I was experiencing a kind of heavy drowsiness again. It made me feel as if I suddenly became "sleepy", but in fact later had to find out to be a sort of hypnotic alteration of my conscious state. I would dare call it a manipulative intrusion into my psyche... because "the entities" want to change(ruin) everything beautiful and original about humanity's psyche...


   When I listen to a favourite music like Bach, recently -and only recently- this sudden intrusion ... I don't know whether it's an actual person's EEG&MEG, or artificially recreated one from a machine, begins to disrupt my listening, that completely spoils the experience of beauty and the depth and the strength and the breadth and the riches and all the virtue of the music into something far, far less than what it ought to be.
It's an appaling experience to have the music's virtue to be ruined by that kind of a soul force itsr experience and contaminates my original and subjective experience of the glorious pieces, into something too shallow, narrow, [deleted] vulgar....everything that the "desensitized soul" represents...[deleted]..
...But that is NOT what the music ought to be. That's NOT at least what I experienced off those magnificent pieces, let alone the one I first received the revelation of the Creator 44 years ago!!!


   With that anger and indignation, the strangely sleepy hypnotic vibration was shaken off, and the ruling of my own heart was regained (probably because the indignation was of the right sort!), and suddenly the music I was listening (on youtube) restored that glorious and beyond earthly nature! The psyche is also back alive again.... It was obvious that the forceful drowsiness and the consequent altered(degraded) state of my consciousness was a forced one. And if we allow it somehow to dominate my mind, I can no longer experience the original beauty and glory and that magnificence of all things....
   I need to keep the original experience and in order for that, I should never allow anything like that to intrude into my psyche again. Experience alters our memory.  I shouldn't let it alter the original memory.[deleted]

2014年10月19日

Sodom is here


[Added on the 20th, October, 2014]:
I didn't proof-read at all when I first wrote this, and now I lost voice reading it!!!
Amended a lot. Please re-read this!!!!!Now it's "readable"!!!!

The world indeed has become like Sodom; and is more blatantly and audaciously promiscuous than before.
The wickedness of the wicked are far more obvious than how it used to be, now openly mocking what is good.

I have uploaded an article in my other blog site, and wrote something of a moral, that is normal and proper..."proper" only in terms of the old world order....but is a mockingstock in the new world order.
I knew and we knew, and we've been told that the new world order has already been in place, and I, too, didn't doubt it as it's all around me as well, though not so conspicuously implemented as such yet, but substantially so is enough for us to perceive it.

 I still trust that there still are many who understand what I wrote in that new article is proper.
I still believe the number of that really wicked are only a handful and the most of the others who are so used by the wicked are forced or deceived or enticed to take part and obey.

I thought I'd continue to address to all those who still retain morality and conscience intact.

I also see that the bottom line where one is shifted to that wickedness is the torture moment.
When we are so tortured, we're cornered in till we are to choose whether we still follow the voice of conscience and therefore not to take part in the evil even if it means to be a target victim, suffer and tortured in the way that's been being done to who're already the target already... or syield to the will of the evil.
Many seem to succumb to the will of the wicked one because of the fear of suffering, being mocked or attacked,and/or lose what's so precious to us.
But blessed is he who still hang on to the conscience and never take part in the will of that evil one. :

2 Thessalonians 2

 1.  Now we beseech you, brethren, by the coming of our Lord Jesus Christ, and by our gathering together unto him,
 2.  That ye be not soon shaken in mind, or be troubled, neither by spirit, nor by word, nor by letter as from us, as that the day
of Christ is at hand.
 3.  Let no man deceive you by any means: for that day shall not come, except there come a falling away first, and that man of
sin be revealed, the son of perdition;
 4.  Who opposeth and exalteth himself above all that is called God, or that is worshipped; so that he as God sitteth in the temple
of God, shewing himself that he is God.
 5.  Remember ye not, that, when I was yet with you, I told you these things?
 6.  And now ye know what withholdeth that he might be revealed in his time.
 7.  For the mystery of iniquity doth already work: only he who now letteth will let, until he be taken out of the way.
 8.  And then shall that Wicked be revealed, whom the Lord shall consume with the spirit of his mouth, and shall destroy with the
brightness of his coming:
 9.  Even him, whose coming is after the working of Satan with all power and signs and lying wonders,
 10.  And with all deceivableness of unrighteousness in them that perish; because they received not the love of the truth, that
they might be saved.
 11.  And for this cause God shall send them strong delusion, that they should believe a lie:
 12.  That they all might be damned who believed not the truth, but had pleasure in unrighteousness.
 13.  But we are bound to give thanks alway to God for you, brethren beloved of the Lord, because God hath from the beginning
chosen you to salvation through sanctification of the Spirit and belief of the truth:
 14.  Whereunto he called you by our gospel, to the obtaining of the glory of our Lord Jesus Christ.
 15.  Therefore, brethren, stand fast, and hold the traditions which ye have been taught, whether by word, or our epistle.
 16.  Now our Lord Jesus Christ himself, and God, even our Father, which hath loved us, and hath given us everlasting
consolation and good hope through grace,
 17.  Comfort your hearts, and stablish you in every good word and work.



Revelation 12


[ 23rd, October, 2014 ] Deleted here because someone very foolish misunderstood me by reading this part to be like a jihadist who is "desiring" to "die a myrtydom" like those extremely radical islamists who die a jihad!!!!!!! Joking!!lol The God of Christians is a "God of the living" and of LIFE!!!!!!!!!!  and HE IS LIFE!!!!!!!






2014年04月25日

Revelation 17:13 について


昨日気が付いたのですが、
黙示録17:13に:
”These have one mind, ..."
とはっきり書いてありますね。

 
その前後、と言うか、17:6-18章辺りは各自で再読して下さると思いますが、

 
Hive Mind を使い、
   (エサウのように、今手に入る一時の得のために)
魂を Nephilimと言うか、Archonと言うか、Alienと言うのかDemonsと言うか。。。に売ってしまえば、
これらのエンティティー同様に、 Hive Mindに繋がっていない(まだGolden Ruleで生きている)真人間の者から精神エネルギーを吸い取って(勿論「張り付いてその被害の様子を見物する事に依って」や「人に負の精神などを引き起こして、それを吸い取る(?)」-どうやってか解らないが最初の例と重なる?ーなどらしい)、生きるしかないようですが、
   (魂を採られない限り、人はこう悪くならないので、昨今このTrauma-Based Mind Control, MPD/DID, SRAなど良く取り扱われるようになりましたね。トラウマを与えて、乖離させてされた部分を取られてしまうか、自主的に魂を売ってそっくりDemonの住居になるか、
   ...EEGを送りつけられて一時的にコントロールされるのと、こうして恒常的に人格の変化自体が定着するのとは、別種と解釈しています。これが、当面の情報と理解などによる現段階での最もしっくり行っているところですが、もっと情報なりが増えるにつれてより鮮明になってくると思われます。)

この聖句にある通り、本当に、これに付くものたちをどう識別するかとなると、別に『獣の印』を額や手のひらに視覚的に確認したり、印を受けたという何らかの証明を待たなくても、
Hive Mind に依存して生きているか否か、
(例えば、マニュアルが必要なあの精神構造:聞かされた通りにしか目の前の事実が解らない、聞かされている通りではなかった場合、HiveMindに意見を聞き直しに行き、方針に合わせない限り自分で鵜呑みにした思い込みを自主的に調整出来ない、硬直して簡単な答えもなく、後はどういうシナリオに従えば良いのか意見や指示を待つ、あの仮想世界の生き物)で、大体の見極めは付くかもしれませんね。

上記の17:13の残りの部分は:

" ... and shall give their power and strength unto the beast."
です。

 
  また、17章第6節: " And I saw the woman drunken with the blood of the saints, and with the blood of the martyrs of Jesus:..."と、獣の印を受けるものの特長も見出されるところです。
  これについては、前半には"(blood of the saints"とあり、続けて"...of the martyrs..."とあるところから見て、前半は生存している対象の"blood"と見受けられます。 Pentateuchで”Life is in the blood"といわれている通り、言い換えれば『生命力』やいわば『エネルギー』しかも、Bloodを伴う激痛(勿論心理的を含める)といったものを「餌に」「酔いしれている者達」となると、よく言われているサタン側に魂を売った、あるいは憑依された(="Possessed", i.e. "demon-possession"), "suckers"、また、"psychic vampire(-ism)"”などと言われていますが、 ...が依存しているらしい「(tortureして得る)他者の負の感情などの心理的なエネルギー」を"吸い取る"(...どういったメカニズムでか、いまだピンときていないのですが)、そのためにもネガティヴ感情などをどんどん引き起こさせようとしてる、といった説明なのですが、この活動がより万円しエスカレートしているようで最近より頻繁に取りざたされていて見かけます。メカニズム自体はさておいても、吸い取られたり、執拗に以上にわざわざ粘着基地外から必死にネガティヴ感情をこちらから求められている側としての経験からも、信憑性が非常に高い話です。
  ネガティヴ感情エネルギーには、あらゆる堕落した快楽の心理も含まれているようです。これに対しては、amigdalaが余り刺激されないよう注意するとよいかもしれません。このamigdalaと言う脳の部分は、人が何かいけないことをしてみる想像をしたり、実際にすると興奮する脳の部分らしいです。謂わば、良心の呵責部分で、最古パスやボーダー等の患者では、ココが平均よりかなり縮小しているとも。脳科学には詳しくないのですが、良心の呵責が機能しているかの話です。そこを実際に(ひっそり盗撮に耽溺したり、加害者工作員達のように集ストやハイテク工作などに耽溺したり、etc... 恒常的に刺激し続ければ、本当に鈍る部分でもあるようです。どこかでアメリカインディアンの話を聞きましたが、アメリカインディアンにとって良心とは心に中にある三角形のもので、悪いことをするとくるくる回り始めて心を痛めるのだが、回りすぎると角が取れてきて、いくらくるくる回っても何も感じなくなってしまうものだ、と言うそうですが、本当にamigdalaも、sai子パス等では機能が低く、別の精神的な疾患(あえて明記しない)では逆に過度になっているらしい部分だそうですね。
  ここは信仰者用のBlogですので言い方を信者用に戻せば、救いの可能性のある者であれば、その状態には留まってはいないでしょうし、いても、抜け出てU-ターンする力が与えられているので、そうやってより多くが悪から救われて御国に入れるように祈りいましょうかね(書いている現時点で余り熱心になっていない言い方)...


[17:13全体: "These have one mind, and shall give their power and strength unto the beast." ](AV=KJV)
「これらのものは、思いをひとつにしていて、自分たちの力を獣に与える(捧げる)。」(私訳)
[口語訳聖書]「彼らは心をひとつにしている。そして、自分たちの力と権威とを獣に与える。」
[文語訳聖書]「彼らは心を一つにして己が能力と権威とを獣にあたふ。」
[新改訳1963]「この者どもは心を一つにしており、自分たちの力と権威とをその獣に与えます。」
[NIV]"They have one purpose and will give their power and authority to the beast."
[NASB]"These have one purpose, and they give their power and authority to the beast."




posted by BA-FT-WS at 10:55| Comment(0) | ♫7 SCRIPTURES ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

前記事(の本文)のつづき:『悪者の野放し状態』とプロテイン"Laminin"の関係


[2014 03 02  15:43-ish 追記]:
まるで日本語は使えば使うほど問題が増えそうで(都合に合わせて4時曲げられてばかりで疲れた)めんどくさいので途中から英語になりましたが、
Pedagogists are saying in one accord that recent young students tend to be definitely (mentally) slower than how we were when we were their age some decades ago, but I'm not surprised because these electronic devices including this Internet and PCs ...  are extremely SLOW. Flipping to the next paper page takes less than a half a second whereas it could take 15-120seconds or more  till I can access to the next electronic page I want to.... or erasing a pencil mistake with a rubber takes less than a second whereas on Internet, unwanted (suspicious) "update" report disrupts while hitting my keyboard or suddenly the setting changes from English to Japanese when I did nothing, or the cursor was moving to somewhere else while typing and therefore I find myself inserting my successive sentences from a stupid place, and when trying to cut that part to paste to the right starting point, I lose where my cursor has gone.... And I think the electronic culture is stupidder than pencil and rubber on paper really... 案dI meant to≠And I meant to use another Window behind this Window, when it's "another paper" under paper I want to pick up, it takes also less than a second, whereas with electronic devices, the pointer for some unknown reason points another window and unneeded Window bluntly exerts itself in a (now a Security soft update has interrupted me and I had to clip several of these which took me about 2-3 seconds because it didn't respond quickly and only thing I could do was just to "wait" till it goes away or finish its job. )


『(前記事)タイトルは無し』(本文からの)のつづき

 

前回の『タイトルは無し』(本文)の続きになりますが、
前回の説明付けのままだと、正しい心のものはより清められるが悪人はより悪くなる(ダニエル11:33, 12:10, 2テモ3:13、エレ9:3...)あたりについて言及いたしました.

 


[Again, this is an article addressed to Christians(!)]

  In my last blog article, I have tried to make sense of the contemporary landscape of the liberated works of the "mystery of iniquity"( 2 Thess. 2:7) and the seemingly intensifying afflicting situation of the "righteous" in relation to Daniel 11:33,, 12:10, 2 Timothy 3:13, and Jeremiah 9:3....

   I also mentioned in that article regarding the teachings from an example of Ananias and Saphilla, in relation to Hebrew 12:7-8 and 1 Peter 4:17, that God chasteneth us so passionately because we are His very priority, whilst wicked and ungodly are, in some cases, when they're gone too far, apparently are handed over to Satan in some cases, or are being left to debauchery,letting them be as bad as they want. This tendency of Godly dealing is contrary to our human nature, and so we struggle so much around this seeming "unfairness", or "injustice" even.

Heb.12:7-8
" 7.  If ye endure chastening, God dealeth with you as with sons; for what son is he whom the father chasteneth not?
 8.  But if ye be without chastisement, whereof all are partakers, then are ye bastards, and not sons."

1Peter 4:17
" 17.  For the time is come that judgment must begin at the house of God: and if it first begin at us, what shall the end be of them that obey not the gospel of God?"



   And even "now", as wicked haven't suddenly turned around(repented) and became harmless, so continuing being harmful.  Even the saints each other are hurtful, and it was not my aim to deal with "why problems exists") in my articles. My aim was to describe the process of my dealing (inner struggles) to make sense of these seeming injustice and the apparent slowness of God in sorting things out; in other words, our theme of "Why evil exists?" & "Why is God so slow or does He not do anything about this?"... questions, I assume, every good people, Christians or not, have.

  However, in my previous article, I merely jotted my inner thought process about these themes in a form of reporting where I was at.
  
  Now, I have found an inspiring information from a Christian site which, to me, had an aspect to explain these themes I mentioned in my previous article.
  
  As a summary, in that article, I touched on:

  
  -A great part of our affliction are caused by wicked ones, and because wicked won't repent it remains an ongoing issue, but
   -God chastenes His dear ones. He start His dealing from His nearest ones,and could be severer.
   -In the End Times, we are ever more washed and shaped up for the Eternal Prospect.

   -The Scriptures prophesy that while we are washed, the wicked shall wax worse and worse, and some won't even repenteven during the Tribulations.
 etc...


   Why? 
   I cannot deal with this vast issue, but I'd like to introduce the information I have found a few days ago from a Christian's site I mentioned above.

  
  It is not my purpose to just introduce this new information, but because I came to another conclusion to partly explain why the wicked are not dealt with more swiftly for us so that we be released from their attacks ASAP(!).  Again and again, they act unjustly, and the wicked tend to support wicked and attack the upright which only enourages the wicked... 
   I asked God that it still doesn't make sense ... that they stay un-dealt with for reasons I have come across so far...("What are You doing, God??")

  One that I thought I would share this time is the explanation I discovered after I sought for God for it, and it reminded me of the information I mentioned above as well.
  
  The information is about the protein Laminin:
[ http://beforeitsnews.com/prophecy/2-14/02/messsage-from-god-found-inside-dna-sequence-a-cross-inside-our-bodies-2459030.html ]
(Please check on this information directly from the link.)
  
  When I asked God why they are so deeply evil (Ps. 64:6), that it seems long since their souls lived in "the depth of Satan" .... (I am not keen to describe the way they are ....), they remain so still, and go even worse exactly as we find in the Scriptures, and isn't there anything to stop them? 
  
  Then came this from Him;
   That many of what we are suffering are by nature unjust and unreasonable, but because these are unjust and unreasonable, (and causes are found only in the souls of the wicked than in ourselves), these are called(categorized as) "The Cross". The very unjustness, unreasonableness - that is the essence of what "The Cross" is in order for it to work for us ( if not, it's not a Cross, but merely gathering own consequences!!!). Taking up our Cross, bearing it, experiencing it, requires the affliction to be purely unjust and unreasonable. That's what we ought to bear, and indeed, it is painful, and it requires us to be genuinely saved status to be able to endure it rightly (that we cannot bear it without Jesus' Spirit indwelling in us and live for us, of Whom had shed the Blood that speaketh better words than that of Abel, the only One Who conquered the ultimate injustice, being crucified by the very hands of the dearest own creatures, when Himself came "for" the very creatures to rescue from the evil they are inflicting upon Him, and yet, He has overcome, and by Agape did He overcome.)
    Unjustness & "the unreasonableness" is the nature of "The Cross", specially formulated by God's eternal wisdom for our best benefit and the secret of "The Mystery Of godliness", in contrast to this "Mystery of Iniquity"=the latter being  with its nature of lust/covetousness/cruelty/ & madness...


1Peter 4:12-19.

" 12.  Beloved, think it not strange concerning the fiery trial which is to try you, as though some strange thing happened unto you:
 13.  But rejoice, inasmuch as ye are partakers of Christ's sufferings; that, when his glory shall be revealed, ye may be glad also with exceeding joy.
 14.  If ye be reproached for the name of Christ, happy are ye; for the spirit of glory and of God resteth upon you: on their part he is evil spoken of, but on your part he is glorified.
 15.  But let none of you suffer as a murderer, or as a thief, or as an evildoer, or as a busybody in other men's matters.
 16.  Yet if any man suffer as a Christian, let him not be ashamed; but let him glorify God on this behalf.
 17.  For the time is come that judgment must begin at the house of God: and if it first begin at us, what shall the end be of them that obey not the gospel of God?
 18.  And if the righteous scarcely be saved, where shall the ungodly and the sinner appear?
 19.  Wherefore let them that suffer according to the will of God commit the keeping of their souls to him in well doing, as unto a faithful Creator." 
                     



  I heard about the "God-Gene" thing as well in the past, though I'm not too well versed in these. Apparently, except for a certain race(or nationality?) majority of human races in  the whole world can have God-Experience with this particular device( guess what race or nationality it was that ninety-something percent couldn't experience God "even" by this!!!)


  I see increasing biological and genetic "evidence(s)" that point to what we might call the Signature of the Creator Who is only GOOD. He is NOT tolerating with the wicked ( Ps. 7:11 etc. etc. etc... many ). He is NOT lame ( Ps. 50:16-23, 52:2-4, etc. etc. etc.. many); He is not sleeping ( Ps. 121:4 etc.).
  
  These DNA evidence the design the Creator God has had in mind when He formed us; and with this information of the protein "Laminin", which keeps our body as a whole, or "keeps us WHOLE", having a shape of the Cross  ["Affliction,The Gem-Maker" vol.2], and the Scriptural evidence that it is Christ in us, that is keeping us and giving us the blessings, or strengthening us, is the signature of The Healer, our Head, =The Lord, is in (most of)us. But it is nonetheless, "The Cross", and it remind me of my old article " 信徒から最も求められる事の少ない大祝福 ". By the Cross, we are being shaped as the gems and pearls, and by it we are saved. And we even "need" this well-disguised blessing that "no one ask for", is "the Cross", that is, pain that is "unjust" and "unreasonable"...and perhaps by an "unrepentant villain". As in 1 Peter 4:15, if it's not unjust, it's not counted as The Cross experience;  it's not The Cross at all (lol)...only paying for our own wrongs...


Ps:7:11
"11.  God judgeth the righteous, and God is angry with the wicked every day."
Ps.50:16-23
" 16.  But unto the wicked God saith, What hast thou to do to declare my statutes, or that thou shouldest take my covenant in thy mouth?
 17.  Seeing thou hatest instruction, and castest my words behind thee.
 18.  When thou sawest a thief, then thou consentedst with him, and hast been partaker with adulterers.
 19.  Thou givest thy mouth to evil, and thy tongue frameth deceit.
 20.  Thou sittest and speakest against thy brother; thou slanderest thine own mother's son.
 21.  These things hast thou done, and I kept silence; thou thoughtest that I was altogether such an one as thyself: but I will reprove thee, and set them in order before thine eyes.
 22.  Now consider this, ye that forget God, lest I tear you in pieces, and there be none to deliver.
 23.  Whoso offereth praise glorifieth me: and to him that ordereth his conversation aright will I shew the salvation of God."
Ps.52:2-4
" 2.  Thy tongue deviseth mischiefs; like a sharp rasor, working deceitfully.
 3.  Thou lovest evil more than good; and lying rather than to speak righteousness. Selah.
 4.  Thou lovest all devouring words, O thou deceitful tongue."
Ps.121:4
" 4.  Behold, he that keepeth Israel shall neither slumber nor sleep."

 

 

 

2014年02月16日

タイトルは無し

[2014年02月19日01:45-ish 追記]:タイトルを『タイトルは後回し』から『タイトルは無し』というタイトルに変更致しました。
[2014年02月19日01:30-ish 追記]:
以下の[2014年02月18日19:30-ish 追記]を校正致しました。(時間がなく、書きなぐり夕食に取り掛かっており、読み返しておりませんでしたので。

[2014年02月18日19:30-ish 追記] : 以下に表現した「良く解らない事...」とは、『自分で理解していないことについて』ではなく、『何故、ああいったサイコパスが野放しのままなのか、本当に何故なのか解り兼ねて...」と言う意味です。

  クリスチャンは、常に主の御心が何であるかを丁寧に模索しながら、歩んでいます。我々の身に起こる事の中には、それまでの聖書解釈や教わったことなどだけでは理解し難いことが多く起こりますし、その度に、誠実に主の御心を問わずに居られません。それはクリスチャンの生活にとっては極当たり前の事として我々は捉えております。その多くは、我々の聖書を新たに追求する必要も生まれ、その時点までの信仰状態に挑戦する物事が多く発生し、その度に模索も深まってまいります。そこで、信仰を捨て、好きなように生きることを選ぶ者達は、それを選んで信仰者ではなくなりますが、硬く立つ者は決してその様な事を致しません。その中には、「解らない事」=「信仰上、(自分勝手に結論など立てる積もりが無いので)こんな模索をしているところです」という途中継可の分かち合いの方が、自分の勝手を言い放って逃げるより誠実であることが通常起こっております。それを、信徒同士は、分かち合います。 自分勝手な考えを押し付ける活動と、信仰にある信徒の会話は、それぞれ全く別ものものです。ココは信仰の話をするブログですので、敢えて、"wanted-sheep-found.seesaa..."ではなく、こちらに書いた、と、記事の前置きにも示しました通りです。
 

【ところで、編集中に記事がすっかり真っ白に消滅いたしましたので、追記部分の一部は一から書き直してあります。】

  Cyber Stalkersが来てしまい、次々と純粋に信仰者同士のみで語れるブログを...と、このseesaaで今や4つ(5つまで作れる様子ですが)作ってしまって居りますが、
  前置きにもその由を表現したつもりですが、今回の記事もクリスチャン同士の記事であって、世の(カルトなど)全く違った者に対してまで考慮に入れて書いては居ませんでした。 
  クリスチャンでもないのにクリスチャン同士の話を横から読んでも、どうせ、世的な感覚と理解のなさの故に、こちらの思いもよらないズレた誤解をされ、頻繁に勘違いをされ、誤られ、(大抵の場合は、自分の最も気に入ったところまでこちらの意図を悪化させるなどの解釈を施し、あたかもこっちがそこまで下賎な人物ででもあるかの様に誤解し、結論付けた上で事態を進行させようとするのが頻繁なようですが)、一方的な解釈でお祭り騒ぎになる傾向は、今もそのままだということでしょう。

  わざわざ解説させられています。 


良く解らない事に付いて書く記事(=推測):


   犯罪等々が野放し、と云われる状態にあり、何故なのか(主は何をしてるのか?)と
不審に思わされる時世ですが、

  
  ここは私のクリスチャン専用ブログにしてあるのでこっちに書く内容になりますが、
ちょっと、余りにも悪人が野放しだと、少なくとも最後の『最後の審判』の日と照らし合わせて理解しようとするのは、
クリスチャンとして割とごく普通ではないかと思います。
  全能の主の御前に立ちます;そこで、「誰々がそう言った(教えた?)から...」とか「法律が裁かなかったからやり放題にやった...」等々言えないように、外的な要因に依存できな九なり、個々が自分の判断で善悪に従う時期を通過させられているのではないでしょうか? つまり、個々の善・正しいこと、への熱意や、悪への傾倒・それの抑制力の無さ/動機の強さなど、個々の性質に任せられてしまっている状態では?
しかも、別にクリスチャンでなくても、全ての真人間の心には良心と言うものが書き記されて居るわけです(ロマ2:14-15;&1:19-20)。(「だから法律や行政が何も正しくしなくて良い」という意味で書いていない!)

  聖書には、世の終わりには、正しいものはより鍛えられ清められるが、悪人はより悪くなる、とあり(ダニエル11:33, 12:10, 2テモ3:13、エレ9:3...)、主がある一線以上の罪びとをサタンに渡してしまい、なるがままにするという内容の箇所もあります(ロマ1:24, 1テモ1:20, )。
  これに関連して、 現世での主の介入ですが、よく気が付かれているところの件ですが、ある人は、ほんのちょっとした事でも即効で主の鞭が派手に降りてくるのに対し、どこまでやっても放置されている極悪人の存在についても(少なくとも即効ではなく何年何十年と割と熟成されている)、人間的な理解と逆行している聖書の法の一つで、多くのクリスチャンが不思議に思うところです。
  即効の最も顕著な例がAnanias & Sapphira(使徒5:1〜)。次いで、Belshazzar(ダニエル5:1,7:1)(宴会で手だけが出てきて壁に警告が出たやつ)、またSamson(髪を切られた途端)...、主の民の場合、また、ヘブル書にあるので良く知られている様に、主は愛するものを真摯に取り扱うのであり、何もされないならば、神の家族などではなく私生児だ(ヘブル12:7-8)、また、主の取り扱い/裁きはまず主の家庭内から(一番手元から)始まる(1ペテ4:17)、などと教えられて居るとおり、以前”かの国”でAnanias & Sapphiraについて学んだのですが、Ananias & Sapphiraが即効でヤラレタ理由はとりもなおさず、あの二人は主の御心にとても近い聖なる使徒たちであったにも関わらず、私たちの知っている極悪人に比べたら子供のいたずら程度なのに(比較して幼稚に表現すれば「チョットの出来心でチョット献金に回した数字のパーセンテージを変えたダケ」で)にも関わらず、使徒行伝にある通りの結末だったのは、二人がそれだけ主の心の中に近い聖者だったからだ、という説明が成り立つ気がする。
  本当にクリスチャンになった者なら経験しますが、器として自分の中が洗われて行き、詰まりも取れて行く、信徒のPilgrims of Progress(漢字変換が出来ない⇒覚えていた読み方でイカッタんだか判らなくなってしまった!)中で、ちょっとした小さな罪が器中を一瞬にして駆け巡り、全体を通りまくり(詰まりが取れ、洗われて凄いスピードで駆け巡るようになってしまっている!)、という側面にも関わってきていますし、現象だけ捉えれば、世の終わりの教会脅威怪では、蚋(ブヨ)は濾されるのに、駱駝(ラクダ)はまる飲み込みされています(マタイ23:1-39)。関係ないですが。(しかし、Baruch haba, Ba-shem Adonai!と言うまでは、主の御臨在は戻らないそうです。)

  ひょっとしたらですが、最後の審判に向けて、全員、外的な要因に依存したままでそこに至るのではなくて、もう、一人ひとりの純粋な判断(=責任)に移行して最後に向かうなら、申し開きはないのであって、そうだとするならば、正しければ正しいほど正しくあろうとするし、捕まらなければ何でもする、好きなようにしていればいい、等と言うと、どんどん悪人度が増し、そうなっているでしょうし、
  その延長で、最後に至るのではないのかなと言う、ふとそうかもなと思った〜〜〜


最近、自動的に?メールソフトが立ち上がります。
今、また勝手に立ち上がりましたので、校正・再読なしで投稿しておきます。

2014年01月27日

追記

 記事が反映されないので再投稿...」



  皆さん、お変わり御座いませんか?

ところで、いきなりですが、今朝起きざまに「まさか?」とハッとさせられた事があり、今、どうしても記事にしておくべきかと思い立ち、わざわざPCの電源を入れに来ました。

それは何かというと、

私のブログを尋ねた方々の中で、
私に(Plug Inに備えてあるアドレスを使って)メールを下さった方はおられますか?

私には、個人からは一切届いておりません。

以前、ある人物がこのメールアカウントを使って私に成り済まし、ある知人に成りすましメールを出した形跡があったのですが、送り返されています。

何人かの方々からも、返事をしない、という批判を仄めかされたこともあります。

その他全ては書けませんが、

まさか、私のメールアカウントを利用して、Plug Inに出してある私のYahooアカウントには反映されない形で、(一部を抜きってやり取りをするなど?)可能なのでしょうか?


これらは質問です。



とにかく、

私自身は、どなたからも、個人的なメールは受け取れておりませんので、ここ数年はメールのやり取りはなくなってしまっております。
数年前?に、、数度Teacupの方二人と一度づつメールを受けることが出来た頃が最後です。



そこで、

どうか、
以前私と名乗る者とメールのやり取りがあった方を含め、
もう一度、その者に、
どうか、私であるなら、メールではなく、
電話、郵便、または、直接会うなどの方法で、私であることを確認したい、と
要求していただけませんか?

ここではっきり書いて居ります通り、
私のメールはもとより、どうせネットも張り付かれていると同然のようで、安全でもありませんし、
『成り済まし』や『嘘』の簡単な、『Internetで』はなく、一度でも上記のような方法で確認を
要求します。

このブログ主が誰かは調べれば判ります。

「返事をしない」と批判を表現した方々は、皆、英語圏の方々でした。

その他にも、こちらの思い当たる節のない「対応の変化」やその他、判らない理由での嫌がらせの勃発も頻繁でしたし、それは振り返れば、私の口癖のようにもなってしまっている位、頻繁に訴えているところの、
「思い当たる節がないんだよね...」も、動機のはっきりしないタイミングが多かったのも、皆関係があるかも知れませんね。



再度、お願いしたいと思います。:

以前私と思った上でメールコンタクトをとった方々は、どうか、もう一度、私と名乗るその者に、
電話(転送工作無しの前提)、もしくは、郵便(転送工作無しの前提)、一番良いのが、この住所で会うのが一番なのでしょうが、

第三者の(ここでは「私の」)陰口の場合、一番良いのは、そのものを私の前でそれを復唱させるのがよいのでしょうけど、

私自身は、過去にやり取りがあったと言うだけでも、喜んで直接私にそのメールのプリントでも何尾でも突きつけるなどして下さって構いませんし、

喜んで、電話でも郵送でも、確認して下さって構いませんし、その者が、以前にでもこれからでも、それを拒絶したなら、
誰なのか確認、調査お願いいたします。

当面は、Yahoo以外でこういったところに使える」メールを用意して居られませんので、
少なくとも、それまでの間は、
もしPlugInのメールアカウント:
oil8of8joy-wsheep@yahoo.co.jp
をどうしても使いたい方々は、ぜひ、積極的に送信して、確認の電話その他の方法を要求するなり、
其の他、どんな方法でも、
皆さんが人物ID確認に出来ると思った方法を要求していてください。


逆に犯罪のような損害を生じる方法でなく、政党でまっすぐでさえあれば、
どうぞ、お願いいたします。

私の法は、個人からの私宛の(スパムのことではない)受け取って終え居ませんし、スパム内にも届いておりません。

また、ついでにはっきり申し上げますと、というか、既に過去記事に書いてきていることですが、どなたのサイトでも、矢路鳥があったのは以前の2010年の記事にあるとおりh¥の方々と、その関連の◎◎しに良くある。。。の肩へ、fc2でのIDでお返事をいただいておりましたが、それ以外で2010年に数件コメントを出してみましたが、ほとんどすべてが、返答もしてくれなかったので、もうどこにも書いておりません。ところが、いちいち返事をするな、などといった忠告まで受けていて、不審に思う件があるのですが、

まさか、どこかで、私に成り済まして、または、成り済まし犯人自身の自演で、私と称していちいちどこかで遣り合っていることにされているのですか???

どうか、そういったサイトを(!)どうか、私をそういったサイトへ連れて行ってください。

検索しようにも何で検索すれば酔うのかすら判らずにいますし、実は、面倒くさいのですが、見たくもないという気もしますし、とりあえず、簡単に見つける方法がよくわかりませんので、教えて下さい。

私は、知りもしないところで書いて居りません。

上記のYahooアドレスだけでなく、どのアドレスでもですが、私が使っているアカウント以外で(私の知りもしないメールアカウントで)私に成りすましてるのであれば、私に、それらもどうか知らせては下さいませんか?


待ちしております。

私へのメールコンタクト方法について

 [校正@28日 07:00-ish]


  皆さん、お変わり御座いませんか?

ところで、いきなりですが、今朝起きざまに「まさか?」とハッとさせられた事があり、今、どうしても記事にしておくべきかと思い立ち、わざわざPCの電源を入れに来ました。

それは何かというと、

私のブログを尋ねた方々の中で、
私に(Plug Inに備えてあるアドレスを使って)メールを下さった方はおられますか?

私には、個人からは一切届いておりません。

以前、ある人物がこのメールアカウントを使って私に成り済まし、ある知人に成りすましメールを出した形跡がありましたが...

何人かの方々からも、「返事をしない」、という批判を仄めかされたこともあります。

その他全ては書けませんが、

まさか、私のメールアカウントを利用して、Plug Inに出してある私のYahooアカウントには反映されない形で、(一部を抜き取ってやり取りをするなど?)可能なのでしょうか?


これらは質問です。



とにかく、

私自身は、どなたからも、個人的なメールは受け取れておりませんので、ここ数年はメールのやり取りはなくなってしまっております。
数年前?に、、数度Tcupの方二人と一度づつメールを受けることが出来た頃が最後です。
[2014年01月31日 13:36追記:ですが、ネット上でのやり取りは、一切した事は御座いませんし、しておりません(!)。]



そこで、

どうか、
以前私と名乗る者とメールのやり取りがあった方を含め、
もう一度、その者に、
「やり取りが(私)本人であったなら、メールではなく、
電話、郵便、または、直接会うなどの方法で、(私本人)であったことを確認したい」、と
要求していただけませんか?


私のメールはもとより、どうせネットも張り付かれていると同然のようで、安全でもありませんし、
『成り済まし』や『嘘』の簡単な、『Internetで』はなく、ここではっきり書いて居ります通り上記のような方法で確認を
要求して下さいませんか?。

このブログ主が誰かは調べれば判ります。

「返事をしない」と批判を表現した方々は、皆、英語圏の方々でした。

その他にも、こちらの思い当たる節のない「対応の変化」やその他、判らない理由での嫌がらせの勃発も頻繁でしたし、それは振り返れば、私の口癖のようにもなってしまっている位で、頻繁に訴えているところのものです。
口癖のような「思い当たる節がないんだよね...」も、動機のはっきりしないタイミングが多かったのも、皆関係があるかも知れませんね。



再度、お願いしたいと思います。:

以前私と思った上でメール・コンタクトをとった方々は、どうか、もう一度、私と名乗るその者に、
電話(転送工作無しの前提)、もしくは、郵便(転送工作無しの前提)、(一番良いのが、この住所で会うのが一番なのでしょうが)、確認お願い致します。

第三者の(ここでは「私の」)陰口の場合、一番良いのは、そのものを私の前でそれを復唱させるのが良いのでしょうけど、

私本人は、喜んで直接私にそのメールのプリントでも何でも受け取りたいところですので、突きつけるなどして下さい。

その者が、他の方法でのコンタクトを拒絶したなら、
その者が誰であったのか、確認、調査お願いいたします。

当面は、Yahoo以外でこういったところに使えるメールを用意して居られませんので、
少なくとも、それまでの間は、
...もしどうしてもPlugInのメールアカウント:
oil8of8joy-wsheep@yahoo.co.jpを使いたい方々は...、
是非、積極的に送信し、確認の電話その他の方法を要求するなり、
其の他、どんな方法でも、
皆さんが人物ID確認に出来ると思った方法を要求していて下さい。

私本人に届いた場合は、それ以前に何があったのか、同じアドレスなどからやり取りがあったのか、など、お教えください。

私本人は、一度も、上記のように、何一つ個人的なメールは受け取れて降りませんし、
しかも、何年も前までには頻繁にあったコンタクト(向こうに居た頃からずっと続いていた関係など)も、ある時期を境に、一度にどこからも返事が来なくなるわ、拒絶されて送り返されるわで、一気に途絶えてしまい、ずっとメールは使っていないも同然の状態になっております。

犯罪のような損害を生じる方法でなく、正当で真っ直ぐでさえあれば、私の示唆した方法に捕われる事無く、どんな方法でも
どうぞ、そのものが誰であったのか、確認お願い致します。

私の方は、個人からの私宛の(スパムのことではない)受け取っておりませんし、スパム内にも届いておりません。

また、ついでにはっきり申し上げますと、というか、既に過去記事に書いてきていることですが、どなたのサイトでもやり取りがあったのは以前の2010年の記事に出した通りの方々と、その関連の『◎◎しに良くある...』の方へfc2でのIDでたまに書き、お返事を戴いておりましたが、それ以外で2010年に数件コメントを出してみましたが、ほとんどすべてが、リンチ的反応をされたり、返答もしてくれなかったので、もうどこにも書いておりません。
にも関わらず、極最近まで、「いちいち返事をするな」、等といった忠告まで受けて来ていて、不審に思う件があるのですが、

まさか、どこかで、私に成り済まして、または、成り済まし犯人自身の自演で、私と称していちいちどこかでヤリ合っていることにされているのですか???

どうか、そういったサイトを教えて下さい(!)
私をそういったサイトへ連れて行ってください。

成り済ましサイトなど、検索しようにも何で検索すれば良いのか判らずに居ますし、実は、面倒くさいのですが、見たくもないという気もしますし、とりあえず、簡単に見つける方法が判りませんので、教えて下さい。


?

上記のYahooアドレスだけでなく、どのアドレスでもですが、私が使っているアカウント以外で(私の知りもしないメールアカウントで)私に成り済ましてるのであれば、私に、それらもどうか知らせては下さいませんか?


待ちしております。

2013年12月02日

【転載】『...詩篇52:1〜9』【見つけた説教】

転載記事: インターネットで見つけた説教から

↓とても良い説教です。

http://www5.ocn.ne.jp/~akiru-ch/130602sekkyou.htm

2013年6月2日「どちらが成功者で、勇者なのか」詩篇52:1〜9

序−自分が関わることにみな自分の責任を覚える人、権謀術数を駆使し要領よく立ち回り出世をする人、そのどちらが成功者と言うのでしょうか。祭司たちの悲劇を自分のせいだと言うダビデ、その悲劇を画策してキャリヤを築こうとするドエグ、どちらが成功者であり、勇士なのでしょうか。

T−どちらが成功者で、勇者なのか−表題〜1 
 詩篇52篇は、表題のように、エドム人ドエグとダビデが関係した事件が背景となっています。ドエグは、サウル王に仕えていた勇士です。Tサムエル21:7。ダビデもサウル王の勇士でしたが、サウル王に妬まれ追われていました。Tサムエル16:18。ダビデが逃げていた時、ノブの祭司アヒメレクに助けてもらいました。それをドエグが見ていて、サウル王に告げ口したために、祭司たち及びノブの町のものすべてが、サウル王の命令によって惨殺されるという事件が起こりました。Tサムエル22:9〜19。ドエグは、サウル王に認めてもらうためには、人助けをした祭司を犠牲にし、誰も手をくださない祭司殺しまで平気でする人でした。とても勇士だとは言えません。
 この詩では、ドエグのような者を一般的な悪者、ダビデような者を神様に従う正しい者と言って、その生き方、価値観を対比しています。まず、悪者に対する警告です。1節。「勇士よ」と言うのは、知恵も力もある有能な者という意味です。ドエグのような陰謀と中傷をもって権力を得、平気で残虐なことをする者が、本当の勇士、知恵ある者はどういう人なのか、と問いかけているのです。人は、知恵と力を悪用して、人を妬み、落とし入れ、富と権力を得ようとします。正しい者を害することをして、気分を良くするのです。後ろでサタンが操縦されているのです。
 その時、ドエグがサウル王に認められ、出世し、一方ダビデは、頼る人たちがいなくなり、ますます苦しい逃亡生活ということになりました。そんなダビデを見て、ドエグは誇ったのでしょう。肉と欲の原理で生きる者が、人を騙し、陥れ、陰謀と中傷をもって出世し、富を得ることは多くあります。一方、正しく生きる者が被害を受け、損をし、不利な状況に置かれ、認められないことも多いです。社会では、そのようなことをあまりにも多く見ることができます。
 それでも、神様の慈しみはいつも神様に従う正しい者とともにある、と言っています。絶望状態でも、その後には神様の慈しみがもっと大きくあらわれるようになるのです。なぜ、そう言えるのでしょうか。神様は、ご自分の民を守り、祝福してくださるからです。詩篇94:14。イエス様によって罪と滅びから救われた者は、神様が味方だからです。ローマ8:31。主の民は、一時的な状況で右往左往しません。
 ダビデは、ドエグの告げ口で祭司たちとノブの町がひどい目にあったことを自分の責任だ、と言っています。Tサムエル22:22。ノブの町の祭司は、ダビデを助けたために惨殺されました。ダビデは、それをドエグが見ていたのを知っていて、ドエグはサウル王に告げ口するだろうと思っていたのです。ただ、まさかあのような残酷なことまでするとは予想しなかったから、そのままにしておいたのです。それで、ダビデは、祭司たちが惨殺されたのは自分の責任だと言ったのです。
 祭司たちの悲劇は、命じたサウル王と手を下したドエグの責任です。肉と欲の原理で生きる人は、自分の責任のことでも人のせいにして、人の成果でもあたかも自分がしたように主張するものです。ダビデのように、間接的に関係があるだけなのに、その事件は自分のせいだと言うのは中々できません。これは、勇気のいることです。そんな立場に立たされるかもしれないし、ひどい目に会う恐れもあります。

U−欺く者の欺きの舌、破壊的な舌−2〜4
 祭司たちの惨殺を引き起こしたのは、ドエグの告げ口、讒言です。それで、ドエグの舌が強調されています。2~4節。人々の悪い計略は、その舌を通して出て来るものです。マタイ15:18~19。悪者の言葉は、人の心を刺します。それは、鋭い刃物、剃刀のようだと描写されています。悪者の舌は、直接間接に、聖徒たちを攻撃します。
 まず、直接攻撃をします。神の民の間違いを細かく覚えておいて、それをすべて悪く取って攻撃するというやり方をするものです。それも、弁明したりする機会を与えないで、自分が悪いと思わせ、自分を責めるようにさせるのです。これは、サタンが聖徒たちを打ち倒す時によく使う手段です。言葉で主の民に直接致命傷を与えるのです。現代はインターネットがそのために使われます。インターネットを通して辛らつな悪口、中傷を浴びせたりします。サタンは情報を通して働くのです。
 ドエグの場合は、恐ろしい間接的方法を取っています。王を動かして、ダビデを攻撃したのです。サウル王は、ダビデに妬みを覚え、嫌い憎んでいる、そのダビデを助けた祭司の行動を知れば、サウル王は怒り、攻撃するに違いない、そうしたら、もう誰もダビデを助ける者もいなくなり、逃げる所もなくなり、ダビデも責任を覚え、落ち込むに違いないと考えたわけです。陰謀をはかり、ダビデを助けた祭司の行為を告げ口したのです。
 ドエグもまた、同じサウル王に仕えた勇士として、ダビデに妬みを持っていたのでしょう。しかし、この時、悪賢いドエグは自分の舌で直接ダビデを攻撃したりはしません。ダビデへの嫉妬でおかしくなっているサウル王の嫉妬心に火をつけようと、サウル王に密告することで、サウル王の権力を用いて、ダビデを窮地に陥れようとしたのです。社会の権力争いでは、このような権謀術数がよく行われています。
 神の民を攻撃する者は、権力者の力を借りてきて、神の民を倒そうとするのです。直接的な中傷や悪口を浴びせることよりはるかに、破滅を図ることができるのです。まさに、悪者の舌は、鋭い刃物に変わって、多くの神の民を倒すようになるのです。サウル王は、ダビデに対する猜疑心のために、精神的な病気になっていました。そこに祭司がダビデを助けたと密告するのは、まるで火に油を注ぐようなものだったのです。妬みや猜疑心は、サタンにつけいれられます。私たちも気をつけなければなりません。
 この事件は、何からの立場に立ち力を持っている人は、私的な訴えを簡単に受け入れてはならなということを教えています。力があり、責任がある者こそ、正しい原理に立たなければなりません。私たちは、自分の肉の思いで判断するのでなく、御言葉の原理、主の御心に判断の基をおいて、人の言葉を聞かなければなりません。バプテスマのヨハネが殺されたのも、ヘロデ王の権力が王妃ヘロデヤの陰謀によって使われたからです。
 とにかく、悪知恵の働くドエグのような者の舌は、「欺きの舌」であり、「ごまかしのことば」を使っています。ドエグの陰謀によって祭司たちを死なせてしまったサウル王は、ますます状態が悪くなりました。サウル王のためにも祭司たちは働き、彼のためにもいけにえをささげ、罪の赦しのとりなしをし、治癒のための祈りをしていた人々でした。その人々がいなくなって、ますます、王は罪に翻弄され、妬みと疑心に振り回され、悪政を行い、結局ペリシテ人に敗北するしかないようになりました。Tサムエル31:1〜6。人は、富や権力のために、人々との争いのために「欺きの舌、ごまかしのことば」を用います。陰謀術数によって一時的な世での成功を手にします。

V−根こそぎにされる者と生い茂る者−5〜9
 このエドグのような者は、まさにサタンの手下です。サタンの使いである蛇が人類の祖先を罪に落したように、ドエグは蛇のような舌を使って陰謀のめぐらし、サウル王の権力を用いて祭司たちを惨殺し、ダビデを窮地に陥れたのです。しかし、神様は、人類を罪に陥れた蛇に「女の子孫が蛇の頭を砕く」言われました。この女の子孫とは、イエス様のことです。イエス様が私たちの身代わりに十字架にかかり、舌禍から私たちを守り、悪をなす者を退けられます。
 悪賢いドエグの成功も、あっという間に崩れてしまいます。5,7節。ドエグのような人の特徴は、神に頼らないで富により頼み、自分の悪知恵に頼りました。結果、サウルの王権がなくなれば、サウルの権力を使っていたエドグも力が振るえなくなります。一時期は成功したかのように見えて、結局は砕かれ、根こぎにされるのです。罪と肉の原理に立って、神様に背を向けているなら、権謀術数を駆使して、一時期成功したかのように見えても、その罪のゆえに倒れてしまうのです。ローマ8:6〜7。
 一方、イエス様を信じる者は、神様の恵みに拠り頼みます。8〜9節。一時的な状況に揺さぶられることなく、世々限りなく、ずっと拠り頼み続けます。私たちは、状況の変化で右往左往したり、神様への信頼が薄れたりしたら、祝福と平安は得られません。本当に世で成功しようとするなら、神様の祝福をいただかなければなりません。神様を自分の味方にするには、御言葉に生きるほかありません。御霊の原理で生きることです。ローマ8:2。
 当初は、悪者が勝っているように見えます。しかし、悪者が戦う相手は、神様です。「神が私たちの味方である」ので、愛と守りを受けます。ローマ8:31。イエス様を信じる者は、福音の恵みで生きることができます。その人生は、まるで地に深く根をおろしたオリーブの木のようです。生ける神の御言葉に潤され、生かされます。一時的な損な不利な状況に振り回されず、神様から力と祝福を待ち望みながら歩みます。ホセア12:6。



詩篇< 52 > 指揮者のために。ダビデのマスキール。エドム人ドエグがサウルのもとに来て、彼に告げて「ダビデがアヒメレクの家に来た」と言ったときに
52:1 なぜ、おまえは悪を誇るのか。勇士よ。神の恵みは、いつも、あるのだ。
52:2 欺く者よ。おまえの舌は破滅を図っている。さながら鋭い刃物のようだ。
52:3 おまえは、善よりも悪を、義を語るよりも偽りを愛している。 セラ
52:4 欺きの舌よ。おまえはあらゆるごまかしのことばを愛している。
52:5 それゆえ、神はおまえを全く打ち砕き、打ち倒し、おまえを幕屋から引き抜かれる。こうして、生ける者の地から、おまえを根こぎにされる。 セラ
52:6 正しい者らは見て、恐れ、彼を笑う。
52:7 「見よ。彼こそは、神を力とせず、おのれの豊かな富にたより、おのれの悪に強がる。」
52:8 しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。
52:9 私は、とこしえまでも、あなたに感謝します。あなたが、こうしてくださったのですから。私はあなたの聖徒たちの前で、いつくしみ深いあなたの御名を待ち望みます。



Tサムエル22:9 すると、サウルの家来のそばに立っていたエドム人ドエグが答えて言った。「私は、エッサイの子が、ノブのアヒトブの子アヒメレクのところに来たのを見ました。
22:17〜19 ・・・しかし王の家来たちは、【主】の祭司たちに手を出して撃ちかかろうとはしなかった。・・・そこでエドム人ドエグが近寄って、祭司たちに撃ちかかった。・・・

Tサムエル22:22 ダビデはエブヤタルに言った。「私はあの日、エドム人ドエグがあそこにいたので、あれがきっとサウルに知らせると思っていた。私が、あなたの父の家の者全部の死を引き起こしたのだ。

詩篇94:14 まことに、【主】は、ご自分の民を見放さず、ご自分のものである民を、お見捨てになりません。

ローマ8:31 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

マタイ15:18 しかし、口から出るものは、心から出て来ます。それは人を汚します。
15:19 悪い考え、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、ののしりは心から出て来るからです。

創世記3:15 わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。

ホセア12:6 あなたはあなたの神に立ち返り、誠実と公義とを守り、絶えずあなたの神を待ち望め。

 
 

戻る


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。