Print Friendly and PDF

2015年10月17日

About total "DISINFORMATION" (about me)

  Tonight (now) I am completely convinced that , as I have already wrote in my past article(s) that
my personal information is (most probably deliberately by the criminal group(s)) mixed up and partly swapped by somebody else's.

I PROBABLY HAVE TO WORRY HOW  IT IS "CREATED" AND ARE SENT ABROAD(!)

   Firstly the "somebody else" is someone who can't lik≪―(deleted)―≫ or acce≪―(deleted)―≫t ≪―(deleted)―≫omparing h≪―(deleted)―≫elf with others, whereas I am a totally opposite kind, who hates to want to be anyone else because I am completely thankful of who I am the way the ALMIGHTY GOD in JESUS created, designed, cared for and took me through to this day the way HE LOVES, and I am happy with the way it has been and the way HE made me, and going extra miles to keep my own uniqueness because I don't think it'll be an insult and rebellion to the Creator if I want to be like someone else(!).
   who, although isolated, it's only because of the circumstances and a part of the process, but have NEVER been a need to feel intimidated(I'm not that miserable type), but I am simply living indoor because I am not camping outside, and because of the unpredicted circumstances, I am not a part of a group where I have to go , which is not very natural or ideal or good at all however..... but have never thought fatalistic way of thought at all, nor have I been wanting to avoid them. I only never go to where filty cultures prosper, because I don't like it at all, because human-beings are so quick to adapt and coloured to the surroundings, no one's exeption.... Also I don't drink, I don't enjoy their talks and gossips, I don't enjoy that cultures, that's the only reason I don't go there, but I NEVER condemn people who like that cultures, nor had to avoid anybody of them; avoiding and not-cup-of-tea is two different think...

Neither am I a person whose FLESH is controlling the soul and live promiscuously. It is not me , it's all about somebody else.

The story is messed up and partly swapped by somebody else's.



2015年10月07日

ヨハネ14:16

[2015-10-08 15:40-ish~]: 『御言葉(1Corinthians)』と『画像」追加と《聖句部分フォントの色換え》や《校正(例:)》を数度に亘りやっている。

   この記事を読まれる方々の、どれ位が本当のクリスチャン層で、それ以外がどれ位多いのかも判りませんが、クリスチャンだけに宛てた記事です。

   最近思っていた事で、すが、ヨハネ14:6[John14:6]が
「イエス彼に言い給ふ『われは道なり、眞理なり、命なり、我によらでは誰にても父の御許にいたる者なし。」
"Jesus saith unto him, I am the way, the truth, and the life: no man cometh unto the Father, but by me."

   以前(英国の間)どこかで習ったのですが、
ユダヤでは、幕屋にある各入口と言うのか登竜門(="Portals")が3つありますよね、その各入口にはこうした"ニックネーム"のようなものがあった(ある)そうです[↓]。
スキャンをした画像に黄+緑色(YG.png) で書き加えたようになります。:

tabernacle 5R.jpg
  まず、図の通りなのにわざわざ言葉で確認いたしますと...:
1、最初の、福音を示唆する四色のカーテンで仕切られた部分には、『道(The WAY")』というニックネームがあり、
2、聖所へ入る部分の入り口には、『真理("The TRUTH")』、
3、最後に、聖所から大祭司によって踏襲される、至聖所への幕、イエス様が「完成した!」と言われて息を引き取った途端に「上から下へ向かって真二つに裂けた、絨毯ほどの厚みがあるともいわれているあの幕の部分」を『命("The LIFE")』という表現が実際にあった(か、ある)そうだ、との事です。イスラエル出身の伝道師の方の勉強の内容だったと思います。
  
  ThompsonのReferenceでは、以下のような図式もあります:

temple allegory2.png



  あと、以前のあと、記事の繰り返しになるのですが、聖所への入り口の手前の『洗い桶』(っちゅうか...)は、御言葉によって泡い洗い清め整える事の『型』と言う事になっていますが、そこに本当にたどり着いた人なら、そこに反映されるのは、自分の姿なので、(イイトコだけ、たとえば「私の目にあなたは高価で尊い。」が自分だけをさしていて、その他のネガティヴは全て気に入らない人にばかり向けている人等もいますので)。

  また、ヨハネの10章[John 10:1-10]に、
"1.  Verily, verily, I say unto you, He that entereth not by the door into the sheepfold, but climbeth up some other way, the same is a thief and a robber.
 2.  But he that entereth in by the door is the shepherd of the sheep.
 3.  To him the porter openeth; and the sheep hear his voice: and he calleth his own sheep by name, and leadeth them out.
 4.  And when he putteth forth his own sheep, he goeth before them, and the sheep follow him: for they know his voice.
 5.  And a stranger will they not follow, but will flee from him: for they know not the voice of strangers.
 6.  This parable spake Jesus unto them: but they understood not what things they were which he spake unto them.
 7.  Then said Jesus unto them again, Verily, verily, I say unto you, I am the door of the sheep.
 8.  All that ever came before me are thieves and robbers: but the sheep did not hear them.
 9.  I am the door: by me if any man enter in, he shall be saved, and shall go in and out, and find pasture.
 10.  The thief cometh not, but for to steal, and to kill, and to destroy: I am come that they might have life, and that they might have it more abundantly.
"
とある。
  ここでは、主のより以前に出て来た者なので、あの、『ヨセフの長子のイエス』と名乗って先まわりした活動をしていた人物の事ともとれるのですが、その件があまり知られていないのでそれっポッチばかりについてとも思えませんが。通常は旧約から続いていた迫害側の権力構造の内部を指すように解釈する事も常ですね。 最近のようにCERN(...ところで、スイスのCERNばかりがCERNではない時代へとほんの数ヶ月~数年のうちに『時代変わり』したようで、スイスのCERNがいつ無くなって(終わって)もおかしくないそうです。実質的にはもっと良く隠れたものが色々あるという事なのでしょうが、LHC等として各地に少なくとも14ヶ所はあるそうですから、他に幾つあってもよいおかしくはないでしょう。
  同時に、どこかによると、イラクには昔から大きな『穴』があるそうで、それが理由であの戦争の標的になったという話もありましたよね。もうそのような事はわだくす個人としては判らない話でどうでもよいに近く(もない)、むしろこの記事で書こうとしている点の方が優先ザマス!)

ペリー・ストーン牧師によると、『10/40ウィンドゥ』と言われているMission最難地帯のど真ん中がイラクらしいです。(このYoutubeはそれどころではない大変な事が言われているが、ここでおさまらないので各自でアクセスして下さい。)
[1:34:30~辺り]↓
10.40p.jpg

&

10.40 2.JPG


   イラク(古代?バビロン)を中心とするこの最難地帯こそが、世界の異教宗教、オカルト、カルトの殆どの発症発祥地帯であるとのこと。

  で、あのマイクAround the Worldさんがご自身のラジオでおっしゃっていたように(この人物は、ここでの引用のような小さな事を伝えているだけの方ではないですが)、最近、この様な技術の関係で、入口と言うかPortalについて騒がれているが、あっちの世界から、色々とこっちの世界に出て来ているというわけではないのでは?と言うのも、そういうもの(悪霊など)は既に昔からうろうろしていた訳ですよね。ただ、それらが、「今までのようにコソコソしなくなった、」等、そうした変化(テク進歩)のせいで、『態度』が変わったのかもしれません。(注:Portal の Port とは、AirportやSeaportのportで、ただ入口・門等の事です。神殿の入り口もPortですし、『港』とは国への入り口ですね。) 
  最近、CERNの科学者の何人かが「消えて」、また出てきた、等と言う話もありましたね。と言う事は、あっちから来させるのでないなら、人間をあっちに行かせる方が、主なのでしょうか? しかし、入口は、主なるイエス様だけですよね。また、このヨハネ14:6にある"WAY"には、"a road; a progress(the route, act or distance); journey; a (high)Way"[Strong's#3598]という意味があるそうです。
CERNの入り口と、主が『完成した!』と言われたときに裂けた至聖所は全く別でしょうけど。むしろ、主が一度黄泉にも行かれた時でもあるので、その際死と黄泉の鍵を奪い返して復活されていますし、同時に、黄泉から救われた魂が多く甦っていますから、『ソッチ』の事だと思いませんか?また、主の再臨のときには、『その穴』から死者が甦る、ともありますよね、外典に。


[2015-10-08 15:40-ish 追加]

コリント人への第一の手紙1:18 ; 2:12-16 ; 15:12-58
1Corinthians
1:18:
" For the preaching of the cross is to them that perish foolishness; but unto us which are saved it is the power of God."
2:12-16 :
"12.  Now we have received, not the spirit of the world, but the spirit which is of God; that we might know the things that are freely given to us of God.
 13.  Which things also we speak, not in the words which man's wisdom teacheth, but which the Holy Ghost teacheth; comparing spiritual things with spiritual.
 14.  But the natural man receiveth not the things of the Spirit of God: for they are foolishness unto him: neither can he know them, because they are spiritually discerned.
 15.  But he that is spiritual judgeth all things, yet he himself is judged of no man.
 16.  For who hath known the mind of the Lord, that he may instruct him? But we have the mind of Christ."
15:16-58:
" 16.  For if the dead rise not, then is not Christ raised:
 17.  And if Christ be not raised, your faith is vain; ye are yet in your sins.
 18.  Then they also which are fallen asleep in Christ are perished.
 19.  If in this life only we have hope in Christ, we are of all men most miserable.
 20.  But now is Christ risen from the dead, and become the firstfruits of them that slept.
 21.  For since by man came death, by man came also the resurrection of the dead.
 22.  For as in Adam all die, even so in Christ shall all be made alive.
 23.  But every man in his own order: Christ the firstfruits; afterward they that are Christ's at his coming.
 24.  Then cometh the end, "


   CERNに限らず、信仰によらない知恵、体験、情報が、だんだん危険になって来ているかもしれないと感じます。話によると、余りにも、主によらない方法で道の解明をしすぎると、そのプロセスによって脳がサタンの様に組み替えられる危険もありそうです。余りにも新しい事が解明され過ぎては居ても、信仰以外で(知性・情動・意志の開発など)追求する機会が増えすぎていて、知らず知らずにオカルトや魔術に通じ、例えば、何か新しい情報を信仰を横に置いて追求するうちに、そレに適応するために、サタンの思う通りの思考回路(良い事を軽蔑したり、悪いことへの嫌悪が無い、など)になってしまう危険がある、など。聖霊が内住されてしていれば、聖で真理でアガペーなる聖霊様による不快感が高じ、すぐに引き返せます。エサウが祝福の権利を売ってまでして今を満たせるおいしいスープを選んだように、未知への関心や特別な技術などおいしい蜜と引き換えにどこまで人間を破滅させたり堕落させるやもしれないときに、それは本当の広い大きな滅びの門で、多くが入る道かもしれません。


[追加]
" 33.  Be not deceived: evil communications corrupt good manners.
 34.  Awake to righteousness, and sin not; for some have not the knowledge of God:..."


  本当に考える事全てが御言葉になって、サタンのいかなる思考や情動に対しても御言葉で対応出来なければいけない日が来ると思った事があります。

  あと、ルカ22章[Luke Ch.22:24-30]&マルコ9等にある通り、使徒達はなんと、Upper Roomでパンと葡萄酒を分かち合い、ユダがもう裏切りを開始した、あの、主の十字架の間際になってまで、誰が一番偉いかで大揉めをやらかしているのです。要するに、人類も御使いも総ての者のネックラインがそうだという事でしょうね。(と書いても、また何所かでおかしな部類が、これをオウム返しにして、自分を棚に上げ、気に入らない誰かに対し(まるで自分は例外のように)て突つき出す者が出て来そうでザワッ、ですが、気にしてこれを控える必要も無いですね。まともな人に通じればいいですね。)
  各自、注意して頑張りませう。


[追加]
"45.  And so it is written, The first man Adam was made a living soul; the last Adam was made a quickening spirit.
 46.  Howbeit that was not first which is spiritual, but that which is natural; and afterward that which is spiritual.
 47.  The first man is of the earth, earthy: the second man is the Lord from heaven.
 48.  As is the earthy, such are they also that are earthy: and as is the heavenly, such are they also that are heavenly.
 49.  And as we have borne the image of the earthy, we shall also bear the image of the heavenly.
 50.  Now this I say, brethren, that flesh and blood cannot inherit the kingdom of God; neither doth corruption inherit incorruption.
 51.  Behold, I shew you a mystery; We shall not all sleep, but we shall all be changed,
 52.  In a moment, in the twinkling of an eye, at the last trump: for the trumpet shall sound, and the dead shall be raised incorruptible, and we shall be changed.
 53.  For this corruptible must put on incorruption, and this mortal must put on immortality.
 54.  So when this corruptible shall have put on incorruption, and this mortal shall have put on immortality, then shall be brought to pass the saying that is written, Death is swallowed up in victory.
 55.  O death, where is thy sting? O grave, where is thy victory?
 56.  The sting of death is sin; and the strength of sin is the law.
 57.  But thanks be to God, which giveth us the victory through our Lord Jesus Christ.
 58.  Therefore, my beloved brethren, be ye stedfast, unmoveable, always abounding in the work of the Lord, forasmuch as ye know that your labour is not in vain in the Lord."

  
posted by BA-FT-WS at 23:14| Comment(0) | ♫7 SCRIPTURES ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

"I don't understand something..." VOL.2

   Is "someone" sending you or anybody "under my name /ID.etc..."  "ACCUSATION" or "CRITICISM" against a Christian(s) ???????????????????????
It's NOT by me(!).
  If something like that is/are sent to others "by my name",
IS THE CONTENTS or the NATURE of the vile stuff people are receiving "by my name" "ACCUSATION" "CRITICISM" or that kind???????????????????????????


I AM NOT sending anything of that sort.
I am not even thinking such....

Could anyone NOT accuse me of accusing another Christian before being SURE thst it's me please?????
Investigate thoroughly enough ,completely in whatever the way you can, but please follow the Bible well and contact me as directly as you find everything out directly to me.
Is it with my IP address??? You should be able to find out more than that although I don't know much about the Internet....

What kind of criticism or accusation ??? Are those something "I" could say???
Please Investigate!!
Please also analyze the sentenece structures and habits....


PLEASE CHECK THEM ALL OUT! PLEASE THOROUGHLY INVESTIGATE THEM COMPLETELY.

IT IS NOT BY "ME".

Plesse don't attack BEFORE you find out who really is doing it.

At lesast PLEASE DEAL WITH IT DIRECTLY WITH ME FIRST, BEFORE INDIRECTLY ATTACKING "THE WOULD BE" suspect ....

Are you receiving something vile and it's like accusation or criticism of some kind??
 and is it by my name/ID/etc...?
Have you dealt with the sender directly???

I haven't receiving anything...
Are you corresponding with someone under my ID?
Or are you believing it's "me"???...

2015年09月19日

I don't understand something...


   Are people receiving something bad and/or offensive personal message "by my name/ID" or similar?????
I think so.
I began to suspect people are beginning to be receiving something that offend them and it's by  either my name or in some way that convince them(or guess) to be "me"....

I have a request:
Could you PLEASE check them all out.
And PLEASE contact me to make sure if anything like those happening are mine or not.

I now think something terrible are being spread "by my name/ID" mainly to people I have subscribed to AND mainly to Christians.....

PLEASE either  contact "me" directly before being offended or became anyway suspicious or anything....
I am a personal and private individual, and contacting me won't cause any massive problem because I am not a public figure (supposed to be anyway)...

...Or investigate those THOROUGHLY and FIND OUT the cause or source.
because I have no idea what's happening that caused people to suddely go intensely cross or hurt or offended.

I am now very puzzled and this is what I began to suspect it to be taking place.

I am NOT causing anything that relates to those offensive feelings.....

P/S:
I DO wish to meet them "face to face".
I think there is a grave misunderstandings, and I do think it's most likely to be "manufactured" by the enemy line(satan's side), making people to be against me and remain so, and angry and attack and be far away from me,  so that there'd be NO CHRISTIAN contact left for me at all...

I am conpletely puzzled, and am hurt.

Please do not hesitate to contact me.

Or, if I find a way to contact you, and send a message to ask you regarding this, would you respond to it?
If not, could you please either contact me or thoroughly investigate(even going back to the past if it's been being done from a long time ago, because every e-mails stopped at once about 10 years ago. Some refused and returned to me with something "I" never sent.)and make sure whether or not all what's thought of are "true".... because I really don't know what's going on to cause anything offensive..... other than the article that asked to check all bad information be truthful or not before believing it....

My Christian contacts are smashed and ruined one by one...
but I still don't know exactly how and what is being done; but ruining communication lines especially on internet  seems to be extremely easy...

So please investigate them, and don't instantly believe every information about a target, or anything apparently from a targeted individual, especially when the contents or the effect is very vile; because there is an activity for a targeted individual "to isolate us and keep on being isolated", and it seems very, very easy to do so.
And what can I do, if there's no response or contact method from my side...???
especially if I had no clue about the details of it at all...and there is no direct communication made available to me???

I can only ask from my blogs by asking for the contact and investigation.
Therfore, please either contact me, and/or investigate them thoroughly through and through."

Thank you.

Pastors, leaders, brothers and sisters, please intecede and pray for me so that this problem will go away, and be no longer a sheep strayed from a pen of a true fellowships (not necessarily means to become a churchgoer to a synagogue of *at**. however; not meaning that I ever desire "to belong to" a group, any more than a spiritual need and spiritual feed, but not really a need for a psychological reason, such as "belonging" much... )






2015年09月16日

2 Youtubes & thoughts

    法王が、NewYorkを訪問し、Oval Office はRed Carpetで迎え入れ、White House や国連で、全世界の首脳会議の場で色々大きな変化(新世界秩序)を発表し、エキュメニズムも強要され始め、全世界に向けて、これまでに存在したいかなる社会共産主義も凌ぐ絶対君主としてスピーチをするかで、本当に『甦るローマ帝国』の可能性です。

  (しかし、Pope Francisは、任期がとても短いと、自身で感じているそうでもあります。



《削除》

  For Yom Kippur(=でなく自分検の事【その1】)(2015-09-17追記:タルムードか何かにあるらしい?おかしな話と混同しないで下さい。Yom Kippurは、自己点検のための、自己の霊性に果たす半端なく厳しい期間の事と学んでいました。私はそのような不健全で悪な解釈とは何の関わりも御座いません。あのような悪を放置する様な腐敗した話がYom Kippurの事だったとは全く知りませんでした。訳も無く私を潰そうと憎む活動員に印象工作をされない様にお願い致します。)([2015-09-22]:"The Day of Atonement"とは、自己検をしてやっとこさ贖罪に与って、それのみが理由でやっとこさ次の一年が与えられる事を感謝と畏怖で受け入れるための日なのだとばかり思っていましたが。):

"1 コリント 7:29-31
 29.  But this I say, brethren, the time is short: it remaineth, that both they that have wives be as though they had none;
 30.  And they that weep, as though they wept not; and they that rejoice, as though they rejoiced not; and they that buy, as though they possessed not;
 31.  And they that use this world, as not abusing it: for the fashion of this world passeth away.”

 Matthew 16:25
”For whosoever will save his life shall lose it; and whosoever will lose his life for my sake shall find it."

  Matthew 28:18
"And Jesus came and spake unto them,saying, All power is given unto me in heaven and in earth."
  Revelation 1:17-18
"..., Fear not; I am the first and the last:
  I am he that liveth, and was dead; and, behold, I am alive for evermore, Amen;
and have the key of hell and of death."
   Hebrews12:2
"Looking unto Jesus the author and finisher of our faith; who for the joy that was set before him endured the cross, despising the shame, and is set down at the right hand of the throne of God."

   先日、「初めに肉によるもの;次に霊によるもの」の法則に触れました。

 1 Corinthians 15:46
"  Howbeit that was not first which is spiritual, but that which is natural; and afterward that which is spiritual."

Hagar/Sarah(=Ishmael/Isaac)の他にも、
King Saul/King David, Esau/Jacob、Cain/Abel, Haman/Mordecai, 等々沢山あり、型は尽きませんが、最初の降誕の時も、イエス様の直前にYeshua ben Yoseph(?)とかいう、『ヨセフの子のイエス』として別の者で、先回りして活動する偽者イエスが居たそうですね。余り知られていないので、驚きました。
  聖書は外部的な方程式やマニュアルとして機械的に当てはめればよい『道具』ではないので、一々全て主との生きた関係から知る注意が必要ですね。というのも、
  反キリストは、黙示録13章~14章にあるのですが、
[1st Beast] =Revelation 13:1
" And I stood upon the sand of the sea, and saw a beast rise up out of the sea, having seven heads and ten horns, and upon his horns ten crowns, and upon his heads the name of blasphemy."
(ところで、Holy Seaともいうようですし、そういう見方も正しいかも知れませんし、あと、型では、Sea/Landに付いては 
Sea/Ocean はHeathen=不信者、異教徒、世衆: 対してLandが、Promised people=信徒、イスラエル、でもあるらしいですし、"Sea of people"という表現がある通り(よくヴァチカンに世界中から集まってあそこを満たしているのを見ると海のようにMotionしていますね) (♪"People in motion~, people in motion~"♪)、そこから立つ者の印象ですね。)
[2nd Beast] =Revelation13:11
"And I beheld another beast coming up out of the earth; and he had two horns like a lamb, and spake as a dragon.”
その後に、
[Third is the LAMB OF GOD] =Revelation 14:1
" And I looked, and, lo, a Lamb stood on the mount Sion, and with him an hundred and forty and four thousand, having his Father's name written in their foreheads."
とあり、
一つ目の最初の獣の後、次に二つ目の獣がBottomless Pitから出て来、最後に主ですので、Ch13をまとめて一件目と思っておかないと危ないですね。  
  ある(CERN に大変詳しい立場の方の)解説だと、獣は『復活』の形(本当ではなく、もちろん主の『真似』)で余計クリスチャンが騙されやすい仕組である化膿性(←指を怪我して化膿させて以来、書いてもいないのに毎回『化膿性』と言う変換にされているのですが...)可能性があり、ます。


[September 22nd, 2015]:  I only wrote this article to make sure that I NEVER meant to imply that the second beast would be ok at all, because it will NEVER be!!! When I said the "First - flesh; the second-Spirit/the Promised one" be applied to the Lord's Second Coming "after the anti-christ", I was forgetting the Revelation Ch.13, where it says clearly about "the 1st beast and the 2nd"(!!!). So I repeat that I NEVER meant to imply that the second beast to be anyway ok at all!!


《削除》


《削除》


2015年08月25日

From my OLD ARTICLE

   I have to re-send this message I posted in 8th April, 2010 on my "wanted-sheep..."blog...


   Who is spreading such erroneous and evil and ugly and unholy idea about me??? for ...more than a decade and not yet known the truth of me yet at all???
   You're Demonizing me in an extreme manner...in an unbelievably massive scale and I wonder how I am bearing this all right except for Jesus.  With allegations I know NOTHING about.
   Please, please, if you are a real Christian, DO NOT BELIEVE ANY SLANDEROUS GOSSIP OR INFORMATION REGARDING AN INDIVIDUAL YOU STILL HAVEN'T EVEN MET, BEFORE YOU FIND OUT THE TRUTH OF THE PERSON, please...
   You are "BULLYING" me...did you know ....??  "Attacking" me. You're bullying me "in Jesus' Name" for reasons I am nothing to do with(!)...
   OR I will invite you all here and meet me so that you interrogate or enquire me or anything till you find out about the truth before attacking an individual you don't even know....please...
   I CANNOT EVEN ACCESS TO PEOPLE'S "CHAT ROOM" SITE... though it seems to exist and people are able to access to it... Why not on me??

   And those innuendoes are NOT ABOUT ME... I suspect someone is deliberately swapping my information partly with someone else's ...  including the description of the appearance, which is NOT applied to me at all...(but it does to someone else).


In the old article, I wrote (in Japanese) as below ↓ :

  そこでこのBLOGを立てることによって、不特定多数の牧師さんたちに、個 人的な色合いなしに聞いていただきたいお願いを読んでもらえたら、と、BLOGを立てました。又、私が未だ会った事も無い他の教会の本物のクリスチャンの 牧師さんたちも、読み、実態に気付いて貰い、又、同時に、当てはまるタイプの牧師さんたちにも読んで、気付いて貰い、どちらであれ、一緒に、祈り、考えて、改善と、癒しをもたらして欲しいと思いました。

 そこで、お願いです:
根拠の解らない噂やデータ等を鵜呑みにして、何も知らない、会った事も、話したことも無い一個人の信者について間違った思い込みや観念を抱いてしまい、それに基づいて裁きや批判を織り交ぜたメッセージを、不特定多数に広め、二次三次被害を与えるような事の無いキリスト教界にして行って下さい。
 メッセージを放てる立場の召しにあって、それによる影響力があるのに、それを破壊的に使うのではなくて、癒しやイエス様の人格を教えるようなもので養ってください。

又、ご自分を信頼して相談を持ちかけた一信者の相談内容を、他に広めないで下さい。

  野火の様に、或いは、インクが水に滴ったように、いつまでも何処からも決まった内容の攻撃や批判に出会うのは、もうあってはならないことです。教会にその 様なことを期待するものは居ないのです. 個人的に会った事も無いある個人についてなのに、悪い破壊的な噂に乗って、まるであなたも信じていると、あえて 解らせるように伝えるような、残忍な、攻撃的な、毒入りのメッセージを公表しないでください。本当の話を知る前に、被害者を何重にも攻撃的に批判しないで下さい。まして、実際に起こった事に付いての情報等ではなく、ある個人の主観的なことに関わる内容、例えば、その人が不幸に感じている、何々を心配してい る、等の情報は、信じるべきではないと思います。大抵の場合、伝達しているその人の問題であることのほうが、云われているその一個人の思いであることよ り、はるかに可能性が強いです。何故なら、人は自分の眼の中にある梁について、批判する傾向があるからです。噂をされている、その一個人は SCAPEGOATにされている事の方が有り得るからです。知らない一個人に対してその様な対応を取らないで欲しいのです。それは、牧師さんからは普通期 待していないのです。 

May I repeat??... :

根拠の解らない噂やデータ等を鵜呑みにして、何も知らない、会った事も、話したことも無い一個人の信者について間違った思い込みや観念を抱いてしまい、それに基づいて裁きや批判を織り交ぜたメッセージを、不特定多数に広め、二次三次被害を与えるような事の無いキリスト教界にして行って下さい。
 メッセージを放てる立場の召しにあって、それによる影響力があるのに、それを破壊的に使うのではなくて、癒しやイエス様の人格を教えるようなもので養ってください。

又、ご自分を信頼して相談を持ちかけた一信者の相談内容を、他に広めないで下さい。

2015年08月23日

『爆発関連』をクリスチャン宛に書き足しをした記事

[2015-08-23 14:14-ish]訂正あり。

"wanted-sheep..."で出した記事『爆発関連』をクリスチャン宛に書き足した記事
世界各地で火山の噴火を懸念していたところが、
火山より工場などでの爆発ですね。

   8月16-17日頃に予定されていた(んじゃなかったっけ?)CERNのLHCの稼働に関しては、失敗したと言っていました(よ)ね。[削除](!)。
   以前のインタビューでのMike around the worldさんの説明の中に、現在世界で14か所(さて、どこどこでしょう?)になったLHCですが、CERNがあれほど大規模なのもDark Matterを安全に保管するためもあるそうですね。[削除]  
   また、物理的に離れたところでDarkMatterが爆発(?)などすれば、別の所の同じDark Matterもそれと同一の反応をするという説明もありましたね。
参照。

    周波数の問題だそうですが、人も同じDarkMatterを持つと(人間自身も心理状態によっては微量の計測可能なDark Matterを製造するらしいですね。第二次大戦末期に判った事らしいですね。というか、実はこの発見があったから終戦になった、という説明もありましたよね。詳細は個々でご調査下さい。)同じ『悪の信号』に動かされているとなれば、同じ原理かもしれないのですね。

    戦争も、最初はチャンバラで、その次に騎馬戦だったとして、次は陸海空からテクノロジーを取り入れ、情報戦とプロパガンダと心理戦になり、いま個々のマインドが戦場といわれていますので、当面LHCの影響は工場や火山の爆発の段階としても、どんどん個々の心に向かうかもしれないので、色々管理が大切ですね。
    また、人の魂というかSoulというかエッセンスを箱に入れる事がとうの昔に可能になっていたそうですね。聖書の外典[]には、頻繁に「秘かに人の魂を盗む者」といった罪にれていて、主ご自身も弟子にこれに付いての注意を促していたりするし、黙示録18:13にも、人の魂を商売にしている者まで出てくるので、警告はされていますね。ノアのように、サタンに付く集団とは優先順位が違って来て誤解され大変ですが、頑張りましょうね。また、ロトの妻のように、ちょっと世を振り返ってみただけで塩の柱になる、というか水爆かLHCか何かで一瞬に焼けてももったいないですね。



「大変だ~大変だ~がんばろうね〜」という意味の記事ですた。

[2015-08-24 00:05-ish]追記: どうもまたこの編集画面に不正アクセスがあった形跡がありましたね。私に見える範囲では、記事自体には変化は見当たりませんが。

2015年08月15日

メルキゼデク関連


編集中の妨害・投稿妨害で、編集内容を失いながら作業をしていますので(約30分毎回投稿不可‐seesaaのこの記事以外のページは正常‐・してもいない変化・編集前に戻っていた部分等々含めた問題と対処中)、ここではあえて非公開設定の記事でしたが("YeOlde..."のfc2の方は公開してあります)、公開して置いてみます。[しかも外では正にこのタイミングでいきなり高音を立てて通過する車輛もいましたね。]

    あのときアブラハムに現れた謎めいた方メルキゼデクは、[創世記1418~]Salem の王とあり、また家系によらない(=アアロンが受けているOrderではない方の)大祭司[[へブル人への手紙5章~]]とされていて、王であり同時に大祭司として最初に記せられている人物なので、主なるイエスご自身だったのでは?とも言われていますね。 

   母マリアと父ヨセフは、当時ローマ帝王によるすべの人からの税金の命令があってガリレアからベツレヘムに身重で向かったので、ガリレア人ではあるが、ベツレヘムで主イエス様は生まれました[Gospel of LUKE Ch.2]。これは、傷もゆがみもない生け贄の子羊は、その頃、エルサレムの神殿の直属の牧羊地であるベツレヘムで生まれた羊と決まっていたので、成就しましたね。

  また、主イエス様は、ダビデ王の直系である事が成就されていなければならず、同時に私たちの大祭司[Hebrews Ch.5] である事も成就されなければならない方ですね。Royal Bloodlineは母からの直系の『血統』によるものですが、祭司は血統による役割が当たっていたアアロンのOrderによる祭司であるのは父ヨセフですが、(記憶では王の血統とは別で祭司のは『家系で』なので、血のつながりではなく家系内では、長子という事でも主イエス様は成就しているという話であっようですが、)主は、アアロンによる祭司ではなくメルキゼデクによる祭司ですので、敢えて血統を継いではならなかったので、形式上アアロンによる祭司の家の長子でもあるが、血統としてアアロンではなくメルキゼデクのオーダーによる大祭司なのですね。
  福音書はCanonには4つありますが [20th,Aug: ...『Torah/幕屋』の勉強から察すると、外典の『トマスの福音書』等々、多くの外典が外典に違いないという事になりそうですね。聖書は人智に及ばない完璧さがあります。大好きですね。]、

     出エジプト記にある幕屋の建て方に、まず、最初に幕屋へ入るにあたって、糸、糸、でデザインされたカーテンをくぐらなければなりませんでしたが:
4.  And blue, and purple, and scarlet, and fine linen, (Ex.25:4)
  福音を受け入れてから、次に幕屋内に踏み込める、という型とのことですね。
[2015-08-20追記: 入口だけでなく幕屋自体も4福音書で囲まれていますね(Ex.26:1-5)
&
『赤く染めたムートン』が幕屋を覆っていた=Ex.26:14]
よ く、
  • マタイ『王としてのイエス』様を綴ってあり(マタイにある系譜[=Matthew Ch.1]は主の王としての系譜)、であらわされ、
  • マルコ『罪の無い完全な人としてのイエス』を伝えていて(麻布)であらわされ、
  • ルカ『大祭司としてのイエス』様を伝え(ルカにある系譜[=Luke Ch.3]は主の大祭司としての系譜)ていて、毛糸羊毛(=赤く染まった羊の毛)』で、 
  • ヨハネ『神としてのイエス』を伝えていて、
     ...で表わされていますね[Exodus 2:2-5]。


posted by BA-FT-WS at 13:04| Comment(0) | ♫7 SCRIPTURES ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

【Youtube】M5.2in Sinai Penninsula,and the Mt.Eilat was shook as well(!)..and... "Next!?!?"

[情報横流しばら蒔き用記事]
『【Youtube】イスラエル/シナイ半島でM5.2で、EILAT山も揺れて…次は…?』 の、”YeOlde” Version。


イスラエル(シナイ半島&エジプトも含む)で大きめの地震(M5.2)があり、エラト山?(カタカナで書くとどうなるの?)Mt. Eilatも揺れて、
従って、かの第三の神殿の資金だけでなく内装に必要な分にも回せるほどの大量の金($1~10Billion 分)の埋もれている山だとのことですが、それも揺れたということになるようですね。
[数時間後の追記]:「つまり、第三の神殿完成に加速度がつくのでしょうか?」という説。


PROPHECY ALERT: "Earthquake 5.2 Hits Israel" Shakes The City Of Gold...


[長さ of this video=5:36]

icon_koujityuu03.gificon_koujityuu06.gificon_koujityuu08.gif

[2:01-2:21]
" ... that they found gold in Mount Eilat. &The gold is between 1 and ten billion dollars od gold of which they want to use for the rebuilding of the Third Temple.
Now the reason why I bring this up is because the earthquake that hit today at 5.2 shook Mount Eilat...."

[4:20-5:00]
"...and shook the Mount Eilat where the gold is- the gold which is going to be used for the funding and the inside plating of the Third Temple.
  How important is that?? Because the Antichrist will walk in there, and will perform the ”[ Abonemat... Obomona... Abonemati... Abeのna... Obemon... Abobon... Avebo... スペルが…!!] Abomination of Desolation spoken by Daniel the prophet;”  referred to by Jesus Christ as the End-Time Milestone in Matthew 24:15; and was explained to you in the Second Thessalonians 2 by the apostle Paul about the Antichrist, known as "The Wicked One", or "The son of perdition", "the lawless one"."

"  We are living in The Last Days when God is setting the table.
  Are you saved??
Biblican Signs! We are on the edge of The Eternity, folks!
We're at the blink of the Beast you see in the NWO and the Illuminati will rise.
We're on the edge of Eternity.
We're at The Apocalyptic hour!
Something Biblical is going on with the signs of the Second Coming of The Christ.
Are you saved? Don't be left out. Give your life to Jersus Christ."  

"We're running out of Time."


"We're running out of Time."(=ここだけ翻訳すると…) 「もう時間が無い。」
【"S.[主語]+ run out of O.[=something]"= 「使い果たす」、在庫や容器の中身などが「無くなる」)

     "...is running out of (something)."=「もうすぐ(s.thが)無くなる(警告風)」
     "...has run(完了形の"run") out of (something)."=「もう(s/thが)無くなったよ。」

  現在進行形="S. is/are running out of O."=「もうすぐ」で底を突く。[このフレーズのS.は普通I/we/など、何かが底を突くときに問題な主語なのが普通。]
O.が"TIME"("[be] running out of time." or "the time is running out.")は決まり文句風で、「もう時間がない!(警告風)」で、無くなってしまってからはもういちいち使わない表現。】

2015年05月12日

[CERN UPDATE]より:CERNのLHCのチューブの中に『Unidentified Lying Object(or)Someone= 未確認横たわり物体/者(?)』

   CERNに 付いて、ちゃんと整理してからTranscriptsしながら正式に書こうとしていたら、大事なアップデートなので、とりあえずそのYoutubeを出 し、このTranscript、その他のYoutubeのTranscripts...などは後回しで、焦って知らせなければ(!)で、

    CERNでは、Proton?をぶつけて、別次元への扉を、もう開ける事が可能になっている、(?)という事、LHC(=Large Hadron Collider)は現在世界に14個になった(シナが作って、この数になった)事、全ての国家がCERNに投資(?)(貢献?協力?)している事、等々...はさておき(?)、[←これはこのYoutubeでなく、他から。]
   これを(この扉=異次元へLHCで非物質から物質になるその異次元の扉)を開けたら、水爆などどころではないばかりか、一番知っておかなければならないのが、それが、人の精神を完全に換えてしまう、魂の位置(?)を変えてしまう変化、で、ブラック・ホールのように『悪意』の集合・集団意識(Hive Mind)へ吸引されるようです。吸われないのは、決まったカテゴリーのグループの人達くらいで(guess!)、その時には、ゆっくり偽クリから本クリになろうとしたり、まして本当の本物以外は全てその悪の波動に吸いこまれる、全く誤魔化しの効かない極限的な艱難の出来事らしい、というのが、CERNで5年位Engineerをしていたマイク(”Mike around the world")とだけ名乗る方の内部情報で、[←これも、別のYoutubeから。] (ーこれの解説のあるYoutubeのうちで一番明快と思われるものからの、それの部分のTranscriptを出来るだけ早く出します。私のアイデアで書いているのではありませんので。)
   CERNが、”Hive Mind"で、これに取り込まれる側は、説明のつかない共通の悪念に取り込まれる、また、徐々に、本来の性質により『憑かれた』状態になった者が増加している実態など、についても触れていましたね。
   今のところ、『何か(II Thessalonians 2 :7)』が、その黄泉へのカギを開けるのを留めている状態だそうですね。[12日09:15-ish追記:求道者の方々やそれ以外の外の方々がこれを読まれる際のためにさらに書きますと、この『何か(II Thesssalonians 2 :7)』とは、聖霊なる神様、つまり、聖霊なる神様の住んでおられる本クリの存在、という事になっています。]又、あのCERNのある場所は、以前『アポロの神殿』のあった位置に建てられているので(Revelation Chapter 9)、そこのCERNの扉が開くという事は、黙示録9章参照。

   このYoutubeでは、そのCERNのLHCのあの巨大真空管の中に、今、何モノ(物?者?)かが(もう既に、というか)「横たわっている」そうですね。=[Unidentified Lying (-not"Flying"!) Object][=『未確認横たわり物体/者』]
   べグレー牧師の最後の方での問いは、それが動いた時の事ですが、今、それがなぜ、じっと未だ横たわったままでいるのでしょうね。つまり、そのものの『時』がまだだから、というか、『何か(聖霊なる神)』が留めているからである示唆もありますよね(II Thessalonians2:7)。

   本当に,他次元から本当に来られてしまっているようです。
Anti-Matterはどこにでもある、いわば異次元の非物質の事でおよそ84%がそれらしいですね、光・いのちはMatterの方で(I Jn 4:2-3; )。

    このDark Matterを安全に貯蔵するのに、これだけの巨大な施設が必要であるということですが、ある、言うわけにはいかないUSの某大学の研究室で、保管を承っていたところ、その辺での怪奇現象や変な存在の出現などが頻発し始めて、怖すぎて深い地下を作ったんでしたっけ?CERN(アポロの神殿跡)でも、最近色々とその近辺に「現れて」怖くなっているそうですが、そういう風に外に現れてその辺をうろついているのの印象は、このへドロン・コライダーの真空チューブ内に最近スキャンで判った、その横たわっているモノ(物?者?)ほどの大物ではなさそうですがね。ここでは比較の話でしかしていません。


映画
【Youtube】
[CERN NEWS]
Mysterious object inside the particle accelerator tube
(By Paul Begley)



https://youtu.be/S-Hga-jpRxQ




icon_koujityuu06.gificon_koujityuu07.gificon_koujityuu04.gif

【TRANSCRIPT】

Are you serious? Are you serious?
Are you concerned about CERN...?
Well, the Large Hadron Collider, "the Mysterious Object" that's been detected inside the tube.
Are you serious?
Yes, it is true, folks, let me tell you what's going on.
The latest development with CERN: ...have "they opened the gates of hell"!
This large Collider "will begin smashing Protons again in June." according to Albert De Roche, a physicist at CERN.

Now, the Collider which is the largest machine ever constructed completed a mass of 149million dollar upgrade in April.
The upgrade, 2 years in the making, has allowed the Collider to generate far higher energy...We know that they have already tested once at the 6.5 TeV.
They wanted to get 13TeV.
They want to get it 99.9% of the speed of Light, which scinetists believe will help them unravel ever greater mysteries of the Origins of the Universe, or sometimes known as "Creating & Making Matter out of Anti-matter"...or "The God Particles".
It's what God did; basically "Let there be Light, and there was Light." (Gen 1:3-5)& God "created" MASS...and He created "everything" out of the darkness. He pulled the Matter out of Anti-Matter. He made "something" out of "nothing."

And they're trying to see how He did it.
Now, the danger of it is they don't know what they're doing.
And, in 2012, when they fired this thing up, on the day the world of Apocalypse was supposed to end, my Birthday, December 21st, 2012, the day the Mayan Calendar said "Time os over," they fired this thing up(!) about 33% of its speed.
And for 2 weeks, people've seen familiar spirits, demon entities, walking aroud Geneva, Switzerland(!).
Several people went insane. All right?
Just let you know this. Just sayng.
Well, here's what they've found inside the tube(!).

According to the scientist, DeRoche, he discussed that they have spotted an "Unidentified Lying Object"...Not "Flying" Object... "Lying" Object. It's laying there.
"It could disrupt the accelerator's beam." according to Physics.org.
Another physicist believes it to be something to be very cautiously aware of. It hasn't caused a problem in the testing so far,
But an Unidentified Lying Object...you know the Bible says to be aware of that it's gonna be a lying sings and wonders, may be this is one of them...


"This Unidentified Lying Object turns out not to be a problem for the operation, it's just something you keep an eye on."
Well, If it's not a problem, why you keep an eye on it?
DeRoche said, "it is in the vacuum tube; it is not a problem. If it doesn't move, it remains stable."

My question is what if it moved?
Have they opened the Gates of Hell??
Is the portals of the hell being cracked open?
Are entities from the "underworld" from the Darkness, from the Abyss, the Damnation, been released upon the earth? ...because we're messing with the power of God.

Are you serious?
Are you actually serious??
Let's keep an eye upon the CERN.
And, Let's keep our eyes looked up...because Our Redemption is Drawing Nigh.

[END of An Unabridged Transcript]