Print Friendly and PDF

2016年02月14日

Holy Relics and Hagia Sophia

   前回黙示録のAnti-Christ/False Prophetに関連してMidnight Expressについて触れましたが、


   それについては、Vaticanの事は間違いなく語られてきていますが、Vaticanは西方教会であって、東方の[ギリシアとロシア正教]は

Hagia Sophiaが基ではなかったでしょうか?


   Midnight Expressの中に、イエス様の顔を覆っていた布とされているRelicの顔の影(跡?)とされているものがサブリミナルに使われていないか、という記事を書きましたが、Relicsと言えば、Hagia Sophiaではないでしょうか?

Hagia Sophia=聖ソフィア大聖堂がその後Ottoman Empireでモスクにされてしまったままだと思い込んでいたところ、いつの間にかとうの昔に博物館になっていたというデータだらけになっていて慌てマスタ。

   このSophiaですが、このSophiaとはカトリックやオーソドックスの聖人の一人から取った名称なのでは?と思っていたのですが、ちょっとWebを上滑りしただけで、どうもこれは神性の『知恵』を象徴する名称としてつけられたようにあるのです。それだと、私がまず思い出した外典に出てくるSophiaという女性と一致する側面だらけですので、外典を再確認したのですが、超Gnosticな文献なので読み続ける意欲があまりなくなって途中で放置していたやつなのですが、内容は割と冒涜的にGnosticです。Holy Grail等に関係してくるのではないかと思うのですが、NewAgeの言うGaiaと似ているのでしょうか?よく知りませんが、Gaiaって、NewAgeの人の言う母なる大地の神的なのですよね?これをそうした異端やそっちの解釈にすれば、Hagia Sophiaは一般的に注目する以外の別なそっちの方の重要性が浮かびます。

   私がHagia Sophiaに触れてのは、学生時代の中世の美術史の勉強の中からで、実際この建物の美術史上の重要性と言うか美しさとOriginalityの側面が大重要なのですが、Webじょうほうなどだとその話ばかり「過ぎ」て、宗教上や政治の関連の話は、美術史や建築のの化的な情報で溢れ返り過ぎ、中々普通n探し方では掴めなくなってしまっているので、スモークスクリーンをかけて居ないかと疑いたくなりますね。


   あと、ある私のSubscribeしているYoutubeChannelの何所かで(後で見つけて貼ります)

NewWorldOrderに向けて、東西教会の再統合の段階について触れられていましたが、

Pope Francisがチリだったっけ?Cubaか?のOrthodox Churchの教皇に会いに行ってしまったし、

矢張り、Hagia Sophiaは、美術史的にだけ扱わない方がよいのではないかと思い、

一度昨日非公開にしてしまって、今こうして書いているこれのオリジナルのseesaaに出した記事を、今書いて居るように再編して再公開しようとしたのに、私の全てのseesaaブログは、編集も更新はもちろん、公開・非公開などの再設定まで、しようとするとPC自体がフリーズしてしまっております。


このFC2までフリーズされたら大変なので、再読せずに一応今投稿しました。追って校正します。

posted by BA-FT-WS at 19:20| Comment(0) | ♫12 Apocryphal Writings ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。