Print Friendly and PDF

2015年10月07日

ヨハネ14:16

[2015-10-08 15:40-ish~]: 『御言葉(1Corinthians)』と『画像」追加と《聖句部分フォントの色換え》や《校正(例:)》を数度に亘りやっている。

   この記事を読まれる方々の、どれ位が本当のクリスチャン層で、それ以外がどれ位多いのかも判りませんが、クリスチャンだけに宛てた記事です。

   最近思っていた事で、すが、ヨハネ14:6[John14:6]が
「イエス彼に言い給ふ『われは道なり、眞理なり、命なり、我によらでは誰にても父の御許にいたる者なし。」
"Jesus saith unto him, I am the way, the truth, and the life: no man cometh unto the Father, but by me."

   以前(英国の間)どこかで習ったのですが、
ユダヤでは、幕屋にある各入口と言うのか登竜門(="Portals")が3つありますよね、その各入口にはこうした"ニックネーム"のようなものがあった(ある)そうです[↓]。
スキャンをした画像に黄+緑色(YG.png) で書き加えたようになります。:

tabernacle 5R.jpg
  まず、図の通りなのにわざわざ言葉で確認いたしますと...:
1、最初の、福音を示唆する四色のカーテンで仕切られた部分には、『道(The WAY")』というニックネームがあり、
2、聖所へ入る部分の入り口には、『真理("The TRUTH")』、
3、最後に、聖所から大祭司によって踏襲される、至聖所への幕、イエス様が「完成した!」と言われて息を引き取った途端に「上から下へ向かって真二つに裂けた、絨毯ほどの厚みがあるともいわれているあの幕の部分」を『命("The LIFE")』という表現が実際にあった(か、ある)そうだ、との事です。イスラエル出身の伝道師の方の勉強の内容だったと思います。
  
  ThompsonのReferenceでは、以下のような図式もあります:

temple allegory2.png



  あと、以前のあと、記事の繰り返しになるのですが、聖所への入り口の手前の『洗い桶』(っちゅうか...)は、御言葉によって泡い洗い清め整える事の『型』と言う事になっていますが、そこに本当にたどり着いた人なら、そこに反映されるのは、自分の姿なので、(イイトコだけ、たとえば「私の目にあなたは高価で尊い。」が自分だけをさしていて、その他のネガティヴは全て気に入らない人にばかり向けている人等もいますので)。

  また、ヨハネの10章[John 10:1-10]に、
"1.  Verily, verily, I say unto you, He that entereth not by the door into the sheepfold, but climbeth up some other way, the same is a thief and a robber.
 2.  But he that entereth in by the door is the shepherd of the sheep.
 3.  To him the porter openeth; and the sheep hear his voice: and he calleth his own sheep by name, and leadeth them out.
 4.  And when he putteth forth his own sheep, he goeth before them, and the sheep follow him: for they know his voice.
 5.  And a stranger will they not follow, but will flee from him: for they know not the voice of strangers.
 6.  This parable spake Jesus unto them: but they understood not what things they were which he spake unto them.
 7.  Then said Jesus unto them again, Verily, verily, I say unto you, I am the door of the sheep.
 8.  All that ever came before me are thieves and robbers: but the sheep did not hear them.
 9.  I am the door: by me if any man enter in, he shall be saved, and shall go in and out, and find pasture.
 10.  The thief cometh not, but for to steal, and to kill, and to destroy: I am come that they might have life, and that they might have it more abundantly.
"
とある。
  ここでは、主のより以前に出て来た者なので、あの、『ヨセフの長子のイエス』と名乗って先まわりした活動をしていた人物の事ともとれるのですが、その件があまり知られていないのでそれっポッチばかりについてとも思えませんが。通常は旧約から続いていた迫害側の権力構造の内部を指すように解釈する事も常ですね。 最近のようにCERN(...ところで、スイスのCERNばかりがCERNではない時代へとほんの数ヶ月~数年のうちに『時代変わり』したようで、スイスのCERNがいつ無くなって(終わって)もおかしくないそうです。実質的にはもっと良く隠れたものが色々あるという事なのでしょうが、LHC等として各地に少なくとも14ヶ所はあるそうですから、他に幾つあってもよいおかしくはないでしょう。
  同時に、どこかによると、イラクには昔から大きな『穴』があるそうで、それが理由であの戦争の標的になったという話もありましたよね。もうそのような事はわだくす個人としては判らない話でどうでもよいに近く(もない)、むしろこの記事で書こうとしている点の方が優先ザマス!)

ペリー・ストーン牧師によると、『10/40ウィンドゥ』と言われているMission最難地帯のど真ん中がイラクらしいです。(このYoutubeはそれどころではない大変な事が言われているが、ここでおさまらないので各自でアクセスして下さい。)
[1:34:30~辺り]↓
10.40p.jpg

&

10.40 2.JPG


   イラク(古代?バビロン)を中心とするこの最難地帯こそが、世界の異教宗教、オカルト、カルトの殆どの発症発祥地帯であるとのこと。

  で、あのマイクAround the Worldさんがご自身のラジオでおっしゃっていたように(この人物は、ここでの引用のような小さな事を伝えているだけの方ではないですが)、最近、この様な技術の関係で、入口と言うかPortalについて騒がれているが、あっちの世界から、色々とこっちの世界に出て来ているというわけではないのでは?と言うのも、そういうもの(悪霊など)は既に昔からうろうろしていた訳ですよね。ただ、それらが、「今までのようにコソコソしなくなった、」等、そうした変化(テク進歩)のせいで、『態度』が変わったのかもしれません。(注:Portal の Port とは、AirportやSeaportのportで、ただ入口・門等の事です。神殿の入り口もPortですし、『港』とは国への入り口ですね。) 
  最近、CERNの科学者の何人かが「消えて」、また出てきた、等と言う話もありましたね。と言う事は、あっちから来させるのでないなら、人間をあっちに行かせる方が、主なのでしょうか? しかし、入口は、主なるイエス様だけですよね。また、このヨハネ14:6にある"WAY"には、"a road; a progress(the route, act or distance); journey; a (high)Way"[Strong's#3598]という意味があるそうです。
CERNの入り口と、主が『完成した!』と言われたときに裂けた至聖所は全く別でしょうけど。むしろ、主が一度黄泉にも行かれた時でもあるので、その際死と黄泉の鍵を奪い返して復活されていますし、同時に、黄泉から救われた魂が多く甦っていますから、『ソッチ』の事だと思いませんか?また、主の再臨のときには、『その穴』から死者が甦る、ともありますよね、外典に。


[2015-10-08 15:40-ish 追加]

コリント人への第一の手紙1:18 ; 2:12-16 ; 15:12-58
1Corinthians
1:18:
" For the preaching of the cross is to them that perish foolishness; but unto us which are saved it is the power of God."
2:12-16 :
"12.  Now we have received, not the spirit of the world, but the spirit which is of God; that we might know the things that are freely given to us of God.
 13.  Which things also we speak, not in the words which man's wisdom teacheth, but which the Holy Ghost teacheth; comparing spiritual things with spiritual.
 14.  But the natural man receiveth not the things of the Spirit of God: for they are foolishness unto him: neither can he know them, because they are spiritually discerned.
 15.  But he that is spiritual judgeth all things, yet he himself is judged of no man.
 16.  For who hath known the mind of the Lord, that he may instruct him? But we have the mind of Christ."
15:16-58:
" 16.  For if the dead rise not, then is not Christ raised:
 17.  And if Christ be not raised, your faith is vain; ye are yet in your sins.
 18.  Then they also which are fallen asleep in Christ are perished.
 19.  If in this life only we have hope in Christ, we are of all men most miserable.
 20.  But now is Christ risen from the dead, and become the firstfruits of them that slept.
 21.  For since by man came death, by man came also the resurrection of the dead.
 22.  For as in Adam all die, even so in Christ shall all be made alive.
 23.  But every man in his own order: Christ the firstfruits; afterward they that are Christ's at his coming.
 24.  Then cometh the end, "


   CERNに限らず、信仰によらない知恵、体験、情報が、だんだん危険になって来ているかもしれないと感じます。話によると、余りにも、主によらない方法で道の解明をしすぎると、そのプロセスによって脳がサタンの様に組み替えられる危険もありそうです。余りにも新しい事が解明され過ぎては居ても、信仰以外で(知性・情動・意志の開発など)追求する機会が増えすぎていて、知らず知らずにオカルトや魔術に通じ、例えば、何か新しい情報を信仰を横に置いて追求するうちに、そレに適応するために、サタンの思う通りの思考回路(良い事を軽蔑したり、悪いことへの嫌悪が無い、など)になってしまう危険がある、など。聖霊が内住されてしていれば、聖で真理でアガペーなる聖霊様による不快感が高じ、すぐに引き返せます。エサウが祝福の権利を売ってまでして今を満たせるおいしいスープを選んだように、未知への関心や特別な技術などおいしい蜜と引き換えにどこまで人間を破滅させたり堕落させるやもしれないときに、それは本当の広い大きな滅びの門で、多くが入る道かもしれません。


[追加]
" 33.  Be not deceived: evil communications corrupt good manners.
 34.  Awake to righteousness, and sin not; for some have not the knowledge of God:..."


  本当に考える事全てが御言葉になって、サタンのいかなる思考や情動に対しても御言葉で対応出来なければいけない日が来ると思った事があります。

  あと、ルカ22章[Luke Ch.22:24-30]&マルコ9等にある通り、使徒達はなんと、Upper Roomでパンと葡萄酒を分かち合い、ユダがもう裏切りを開始した、あの、主の十字架の間際になってまで、誰が一番偉いかで大揉めをやらかしているのです。要するに、人類も御使いも総ての者のネックラインがそうだという事でしょうね。(と書いても、また何所かでおかしな部類が、これをオウム返しにして、自分を棚に上げ、気に入らない誰かに対し(まるで自分は例外のように)て突つき出す者が出て来そうでザワッ、ですが、気にしてこれを控える必要も無いですね。まともな人に通じればいいですね。)
  各自、注意して頑張りませう。


[追加]
"45.  And so it is written, The first man Adam was made a living soul; the last Adam was made a quickening spirit.
 46.  Howbeit that was not first which is spiritual, but that which is natural; and afterward that which is spiritual.
 47.  The first man is of the earth, earthy: the second man is the Lord from heaven.
 48.  As is the earthy, such are they also that are earthy: and as is the heavenly, such are they also that are heavenly.
 49.  And as we have borne the image of the earthy, we shall also bear the image of the heavenly.
 50.  Now this I say, brethren, that flesh and blood cannot inherit the kingdom of God; neither doth corruption inherit incorruption.
 51.  Behold, I shew you a mystery; We shall not all sleep, but we shall all be changed,
 52.  In a moment, in the twinkling of an eye, at the last trump: for the trumpet shall sound, and the dead shall be raised incorruptible, and we shall be changed.
 53.  For this corruptible must put on incorruption, and this mortal must put on immortality.
 54.  So when this corruptible shall have put on incorruption, and this mortal shall have put on immortality, then shall be brought to pass the saying that is written, Death is swallowed up in victory.
 55.  O death, where is thy sting? O grave, where is thy victory?
 56.  The sting of death is sin; and the strength of sin is the law.
 57.  But thanks be to God, which giveth us the victory through our Lord Jesus Christ.
 58.  Therefore, my beloved brethren, be ye stedfast, unmoveable, always abounding in the work of the Lord, forasmuch as ye know that your labour is not in vain in the Lord."

  


posted by BA-FT-WS at 23:14| Comment(0) | ♫7 SCRIPTURES ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。