Print Friendly and PDF

2015年08月25日

From my OLD ARTICLE

   I have to re-send this message I posted in 8th April, 2010 on my "wanted-sheep..."blog...


   Who is spreading such erroneous and evil and ugly and unholy idea about me??? for ...more than a decade and not yet known the truth of me yet at all???
   You're Demonizing me in an extreme manner...in an unbelievably massive scale and I wonder how I am bearing this all right except for Jesus.  With allegations I know NOTHING about.
   Please, please, if you are a real Christian, DO NOT BELIEVE ANY SLANDEROUS GOSSIP OR INFORMATION REGARDING AN INDIVIDUAL YOU STILL HAVEN'T EVEN MET, BEFORE YOU FIND OUT THE TRUTH OF THE PERSON, please...
   You are "BULLYING" me...did you know ....??  "Attacking" me. You're bullying me "in Jesus' Name" for reasons I am nothing to do with(!)...
   OR I will invite you all here and meet me so that you interrogate or enquire me or anything till you find out about the truth before attacking an individual you don't even know....please...
   I CANNOT EVEN ACCESS TO PEOPLE'S "CHAT ROOM" SITE... though it seems to exist and people are able to access to it... Why not on me??

   And those innuendoes are NOT ABOUT ME... I suspect someone is deliberately swapping my information partly with someone else's ...  including the description of the appearance, which is NOT applied to me at all...(but it does to someone else).


In the old article, I wrote (in Japanese) as below ↓ :

  そこでこのBLOGを立てることによって、不特定多数の牧師さんたちに、個 人的な色合いなしに聞いていただきたいお願いを読んでもらえたら、と、BLOGを立てました。又、私が未だ会った事も無い他の教会の本物のクリスチャンの 牧師さんたちも、読み、実態に気付いて貰い、又、同時に、当てはまるタイプの牧師さんたちにも読んで、気付いて貰い、どちらであれ、一緒に、祈り、考えて、改善と、癒しをもたらして欲しいと思いました。

 そこで、お願いです:
根拠の解らない噂やデータ等を鵜呑みにして、何も知らない、会った事も、話したことも無い一個人の信者について間違った思い込みや観念を抱いてしまい、それに基づいて裁きや批判を織り交ぜたメッセージを、不特定多数に広め、二次三次被害を与えるような事の無いキリスト教界にして行って下さい。
 メッセージを放てる立場の召しにあって、それによる影響力があるのに、それを破壊的に使うのではなくて、癒しやイエス様の人格を教えるようなもので養ってください。

又、ご自分を信頼して相談を持ちかけた一信者の相談内容を、他に広めないで下さい。

  野火の様に、或いは、インクが水に滴ったように、いつまでも何処からも決まった内容の攻撃や批判に出会うのは、もうあってはならないことです。教会にその 様なことを期待するものは居ないのです. 個人的に会った事も無いある個人についてなのに、悪い破壊的な噂に乗って、まるであなたも信じていると、あえて 解らせるように伝えるような、残忍な、攻撃的な、毒入りのメッセージを公表しないでください。本当の話を知る前に、被害者を何重にも攻撃的に批判しないで下さい。まして、実際に起こった事に付いての情報等ではなく、ある個人の主観的なことに関わる内容、例えば、その人が不幸に感じている、何々を心配してい る、等の情報は、信じるべきではないと思います。大抵の場合、伝達しているその人の問題であることのほうが、云われているその一個人の思いであることよ り、はるかに可能性が強いです。何故なら、人は自分の眼の中にある梁について、批判する傾向があるからです。噂をされている、その一個人は SCAPEGOATにされている事の方が有り得るからです。知らない一個人に対してその様な対応を取らないで欲しいのです。それは、牧師さんからは普通期 待していないのです。 

May I repeat??... :

根拠の解らない噂やデータ等を鵜呑みにして、何も知らない、会った事も、話したことも無い一個人の信者について間違った思い込みや観念を抱いてしまい、それに基づいて裁きや批判を織り交ぜたメッセージを、不特定多数に広め、二次三次被害を与えるような事の無いキリスト教界にして行って下さい。
 メッセージを放てる立場の召しにあって、それによる影響力があるのに、それを破壊的に使うのではなくて、癒しやイエス様の人格を教えるようなもので養ってください。

又、ご自分を信頼して相談を持ちかけた一信者の相談内容を、他に広めないで下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。